RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 心を閉ざした男の歌イーグルス | main | 我ニ意欲有リ! >>
白く、フワフワして、眠くなる。
0

    12月6日   晴れ   起床6時

     

    朝食    目玉焼き(一個)

          ソーセイジ(二個)

          キャベツの細切り

          りんご

          青汁

     

    テレビをつけると、渋谷ハロウインで暴れた若者が

    数名逮捕されたと云う。

     

    警察がこれほどヒマとは思わなかった。

    僕は逮捕された若者に同情する。

     

    パリでは店のガラスを割ったり、警官に暴行するデモ隊

    が、黄色いベストを着て荒れ狂っている。

    それに比べれば、今回の渋谷の騒動は屁みたいなものだ。

     

    そもそも渋谷商店街は、初めから、ハロウインを締めだせ

    ば済んだ話だ。それを、儲かると思ってウヒウヒ云って乗

    っかって、そんで雲行きが怪しくなり、騒動になった。

     

    あんなのは暴動でもなんでもない。酒を飲んで、踊り狂って

    、調子に乗っただけやないか。

    これをひと月かけて調べ逮捕に及んだ警察はどうかしてる。

    男の子やぞ!調子に乗ることぐらいあるやろが!

     

    DJポリスも結局はオタメゴカシや。

    全共闘で暴れまくったモンらはどう思うの?

    窮屈なシャバやと思わんか?

    嫌な国になったなー。

     

    今回の貴ノ岩暴行で、モンゴル人は気性が荒く、すぐに暴

    力を使うのはハッキリした。これはハンコ・ポンだ。

    でもね、でもですよ、日本のアマチュア界も暴行はなくな

    らない。

     

    と、云うことは、暴力は無くなる訳がないと云う事でしょ

    う。それを簡単に「無くなる」がごとく、マスメディアが

    云うから話がおかしくなる。

     

    こう考えるのはおかしいかな。

     ー暴力的なモンゴル力士は強いー

     ー非暴力な(?)日本人力士は弱いー

     

    何が云いたいかと云うと、短所を失くせば、長所もなくな

    ると云う事。「なんもかもエエとこだらけ」は、あり得ま

    せん。

     

     ー気性の悪い馬は強いー

     

    昨日のテレビで武豊が云ってたでしょう。

    「スペシャルウイークはいつも走るのをやめて、帰りた

     がった」

    そう、彼が必死に走るのは短い距離に限られた。それを武

    がダマシダマシ上手く乗った。

     

    まあ、相対的と云うんでしょうか。

    こっちを取れば、あっちは失うわけです。

     

    これを戦後の日本に当てはめれば、少子化の理由は誰にも

    わかる。男の低下です。女が強くなった訳じゃない。

    決定的に男が弱くなったんだと思う。

     

    兵隊に行かなくていい。

    国を守らなくていい。

    これはいい。男にとってこんないいことは他にない。

     

    平和はいい。

    米国に守ってもらって、好きに金が稼げる。

    米軍がいてくれるから、中国もロシアも攻めてこない。

     

    有史以来、こんなに都合のいい時代は他にあり得ない。

    何も変えたくない人間にとって、ここは天国だ。

    酒は旨いし、ネエチャンはキレイだし。

     

    でも、酔っぱらいは帰って(現実の世界に)来なかった。

      ー天国良いとこ一度はおいでー

    酔っぱらいは天国にいつづけた。

      ーホナ出て行け!ー

    そう云うはずの神がいなかった。

     

    全共闘は予想・予感していた。

    今の日本の姿を。

    中国や北朝鮮を口では讃えながら、本音は違った。

     

    日本は、彼らが予想・予感した以上に天国になった。

    この「天国」は空中にポカーンと浮かんだ、雲の群れに

    過ぎないのだが。

     

    そんなこと、優秀な全共闘闘士たちは、百も承知して

    いた。

     

    しかし、今や彼らの知性は居酒屋の片隅で、誰にも振り向

    かれることもなく、ひっそりと息をしている。

    そして、我らロック世代は、咲かない花を後生大事に、開

    花を信じ続けている。

     

      ーそして、誰も発言しないー

     

    アガサ・クリスティ作の題名のごとく。

      

      −そして、誰もいなくなったー

     

    発言せよ!全共闘!

    黙して語らず、年金もらって逝くつもりか!

    発言せよ!ビートルズ世代!ロック世代!

     

    カッコ良く夕闇の中に消えゆくつもりか!

    アホくさ!

    何のために、ここまで生きてきたんだ。

     

    いや、間違っていたとしても、何かがある。

    そんな声達が、この国を導くんじゃないのか!

    何も始まらず、何も終わっちゃいない。

    白いフワフワした雲の上にいただけだ。

    死んでもいないのに、俺らはすでに天国にいる。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955821