RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 白く、フワフワして、眠くなる。 | main | 我減量ニ失敗ス! >>
我ニ意欲有リ!
0

    12月9日   あられ&雨   起床7時

     

    朝食    目玉焼き

          ソーセイジ

          ご飯・少々

          りんご

          青汁

     

    ついに、あられが降った。

    冬のサーカス団が来なさった。

     

     ーお待ちしてましたがなー

     

    なんてことはないけどね。

    まあ、来るなら来るで仕方ない。

    でも、早く去ってね。

     

    天気の悪い日の方が勉強する。

    昨日はオアシスの「何とかアンガー」のコードを取った。

    歌も覚えようかと思ってる。

     

    コード・ワークはオーソドックスだけど、面白い所も幾つ

    かある。残念なのはギターソロが短いこと。せっかくゾク

    ゾクするコード進行を使ってんだから、長さを倍にして欲し

    いなー。

     

    飛田だったらこの進行でどう弾くだろうか、なんて想像す

    るのは楽しい。

    やはりと云うか、メロディ・ラインは素晴らしい。

     

     −我ら、正しき労働者に、栄光を!−

     

    てな感じの曲だね。

     

    オアシスの後はイーグルス。

    「ホテル・カリフォルニア」の歌詞を覚えるのは大変。

    何題もあるから。少しづつ、少しづつ進め、或る日に全部

    頭に叩き込むつもりだ。

     

    興味のある曲は、片っ端から覚えようと思う。

    なかなかに意欲的だなー。体調もすこぶる良いし。

     

    実は数日前に強力なダイエットを敢行した。

    或る日の晩、腹が張り過ぎたので飯を抜いた。

    次の日の朝も腹が減らないので飯を抜き、昼にオジヤを作

    って少量喰った。

     

    見る間に腹が引っ込んだ。

    腹は引っ込むときには引っ込むんやね。

    でも、調子に乗ると死ぬ恐れもあるので、ほどほどに喰う

    ようにはしている。

     

    多分、3・4キロ体重は減ったと思う。

    でも、それよりなにより、気分が違う。

    大したダイエットではないけど、何かが前向きになった。

     

     ーやれることは、やってしまおうー

     

    そう思うようになった。

     

    今年話題のミステリ「カササギ殺人事件」について。

     

    読まれた方はどれくらいいるのか知らないが、一応、本屋

    では良い場所に置いてある。(文庫本ね)

    作者のアンソニー・ホロビッツは様々なテレビ・ミステリ

    の脚本を書いている。僕の好きな「刑事フォイル」も。

     

    「作中作」なんて複雑な技法を使い、これまでになかった

    ミステリを作ったと宣伝文句にはある。

     

    僕のようなニワカ・ミステリ読者には良く分からないが、

    この作者の偉いとこをひとつ上げる。

    作中のロック警部の発言。

    それが的を射てると、僕は思った。

     

    ー殺人は凶暴な人間が行うのです。完全犯罪とか仕組ま

     れた殺人を犯す人間は希です。殺人の90パーセント

     は、そもそも凶暴な人間が、カッときて犯すんです ー

     

    まあ、味もそっけもないが。

    そうだろうと思う。

     

    アガサ・クリスティやコナンドイルのミステリ、テレビの

    刑事モノ、相棒モノが巷に溢れてるせいで、知らぬ間に僕

    らは、そのような事件が多いんだと、勝手に思い込んでい

    る。

     

    でも実際はそうではない。

    ホロビッツはミステリを否定するミステリを書いた訳で。

    これは偉い!

     

    思うに。

    人間の使命は、どんな職業に就いたとしても、世の中を面

    白がらせることではないか。

     

    他人を楽しませる。

    そこからは誰も逃げられない。

    右だろうが、左だろうが、ダウンタウンだろうが、佐々木

    忠平だろうが、左官屋だろうが、エロ男優だろうが。

     

    そんな時代に生きるのは、決してアホらしくない。

    ホロビッツもそう云いたかったんかも。

    テレビを超えて行きたいなー。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 13:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955822