RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 我ニ意欲有リ! | main | ドント・ルック・バック・イン・アンガーを給う。 >>
我減量ニ失敗ス!
0

    12月13日   晴れ   起床4時

     

    朝食    チャーハン

          粕汁

          りんご

          青汁

     

    午前4時に目覚める。

    朝食を作り、日テレ・ニュースを観ながら食事。

     

    いよいよ米中で、世界を二分する冷戦が始まりつつあ

    る。「さて、日本はどっちにつくか?」なんて、チャ

    ーハンを掻き込みながら考えた。

     

    中国・習近平と韓国大統領・ムンジェインは同志だ。

    (そこに立民の辻本を加えればいいのか?)

    彼らは立派に毛沢東の息子達だ。

     

    日本においても、全共闘達は「毛沢東の息子」と云って

    いいだろう。その数、ざっと数百万人か。

    現在68歳以上で、大卒の者達は、左翼革命を夢見たこ

    とがあると、僕は確信する。

     

    この全共闘世代が発言せねば、日本の歴史は繋がらない。

    僕はそう思ってる。一番数の多い世代が、黙して語らずで

    は、どうしようもない。

     

    大江健三郎ひとりを残して、全共闘達は霧散したのか?

    日本の中にポッカリ空いた穴を、彼らは見て見ぬふりを

    し続ける。

     

    それに比べれば、習近平も、ムンさんも立派じゃないか。

    青年期から今に至るまで一貫している。

     

    「俺も昔はやんちゃしたからな」

    全共闘よ、なんてセリフは吐かないでもらいたい。

    「革命」と「やんちゃ」は全く違う。

     

    日本人の大多数は、彼らが何を訴え何を目指していたか、

    まったく知らない。僕も同じ。

    あの頃から今に至るまで、何をどう思っていたのか、或

    いは、今はどう思っているのか、僕は知らない。

     

    「生きるのに精一杯だったんだよ!」

    多分、彼らははそう云うだろう。

    「誰だって生きるのに精一杯だ!話をすり替えるな!」

    僕はそう云いたい。

     

    全共闘の活動家に、僕は色々世話になった。

    純粋に国を想う人もいた。

    心の優しい人も。

     

    彼らの思いはどこに行ったんだろう。

    ひょっとして、自民党に流れたのか?

    僕はあの時代に空いた大きな穴が、日本の針路をアヤフヤ

    にしてると思う。そんなこと、誰も望まなかったのに。

     

    さて。

    昨日は診察日。僕は勇んで病院に行った。

    「どうですか調子は」

    「いいですね、ダイエットもしましたし」

    「ほう、それはいい。体重計りましょう」

     

    僕は大威張りで体重計に乗った。

    「ちょうどですね」

    「えっ?」

    「ちょうど大台です」

    「100キロ切っていませんか?」

    「100・2キロですね」

    「???」

     

    僕は病院の売店に走り、脂で揚げたお菓子を二袋買い、

    甘そうな飴を買い、家に帰って茶碗に目一杯の飯をよ

    そい、バク食いした。

     

    そっ、そっ、そんなバカな!

    うろたえる自分が不憫だった。

     

    そして今朝。

    腹はきっちり出た。嗚呼無情。

     

    昨晩の「ガッテン」が云うように、今日は間食しまくっ

    てやる!「そうすれば低血糖にならず、心臓にも良いん

    やろが!」。

     

    ヤケだ!ヤケ酒だ!

    今晩は凍てつくと予報は云う。

    その夜の街を、彷徨う男がいたら、優しく声をかけてや

    って下さい。

    「人生は無情だ」と教えて下さい。

    お願いします。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955823