RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 我減量ニ失敗ス! | main | 似てそうで非なるドン・ヘンリー >>
ドント・ルック・バック・イン・アンガーを給う。
0

    12月15日   雪   起床7時

     

    朝食    じゃがいもの味噌汁

          納豆

          ご飯

          りんご

          青汁

     

    朝起きて廊下のカーテンを開けると真っ白。

    雪は朝食の間も降り続いた。

    雪が降ると何故か寒さが気にならなくなる。

     

    色んな寒さがある。

    京都の冬の寒さ。東京の寒さ。みな違う。

    北陸は、雪が降った方が温かく感じる。

     

    ー ドント・ルック・バック・イン・アンガー −

    オアシスの名曲を遅ればせながら練習。

    サビを歌い何度か泣いた。

     

    歌詞に共鳴したのもあるが、僕自身の出来事を思い出し

    て泣けた。青春の思い出は、失敗と後悔と恥ずかしさだ

    けだ。楽しさと喜びは、きれいに記憶から消えている。

     

    コード進行も構成もシンプル。

    正に、神がこの世に贈りたもうた曲だ。

    無駄がない。これほど自然に進行する曲は珍しい。

     

    青春期の、あの、ほとんど生物的、動物的な行動の中に

    こそ、正解があったように思うがどうだろう。

    常識や、思想や、宗教や、そんなものを遥かに超えた答

    えが。年老いた男は今、そう思っている。

     

    ーデジタルとは、煙草を吸う人間と、その時間を、この

     世から排除する事だ−

     

    ファーウェイの報道を観ながら思った。

     

    ー共産主義や独裁主義は、デジタルそのものであるー

     

    非生産的なものを許さないんじゃないかな。

    無駄な時間があると、人間は体制転覆を考える、そう思っ

    てる。

     

    ファーウェイの巨大さは、日本人の想像を超える。

    彼らの目的は世界制覇にしかない。そうでなければ、誰が

    そこまでやるか。

     

    そう、すでに狂ってる。

    中国はデジタルで狂った。ザマーミロだけど。

    でも、この狂った共産主義独裁国家は地球をぶち壊す。

    狂ってるから、それが彼らには分からない。

     

    何云っても無駄だ。

     

    米国は今さら慌てふためいている。

    日本の忠告を無視するからこうなる。

    そもそも、日本は中国の為に戦争を起こし、英米は中国

    が欲しくて戦争し、多くの命が奪われた。

     

    世の中は昔から中国を中心に回っている。

     

    決して近づいてはいけない国だ。

    田中角栄は近づいたがために、米国によって消された。

    この国こそが ー 災 − だ。

     

    その国が「デジタル時代」のお陰で妙な野心を持った。

    そもそも狂っていた国に拍車が掛かった。

    どうしようもない。

     

    米国が持てあませばジ・エンド。

    日本は属国以下の扱いを受けるだろう。

     

    まあ、こんな気持ちで新年を迎えるのはアホらしい。

    ロマンの欠片もない国のことはトランプさんに任せて。

     

    正月に旨い酒を飲むために競輪です!

    有馬記念より今年は静岡GPですね。

    一着賞金一億円。

    12月28日、29日、30日、この三日間。

     

    やっぱり福井の脇本君を応援せんと。

    出場者9名はすでに決定している訳で。

    出来れば三日間、静岡競輪場にいたいが。

     

    それまでは家にじっと籠って「お歌」の練習。

    アンド、カッコいいコード進行のモサク。

    アンド、溜まってるミステリ本の読破。

     

    今年を、しっかり、締めたいと思う。

    嗚呼神様、お願いです、我に希望を!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 12:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955824