RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< ドント・ルック・バック・イン・アンガーを給う。 | main | 冬の仮設高架橋 >>
似てそうで非なるドン・ヘンリー
0

    12月16日   晴れ   起床6時

     

    朝食     ネギうどん+生卵

           玉子出汁巻き

           納豆

           青汁

     

    ーそろそろ豆餅喰いたいわー

    母に云うと、「太るけどええがか?」と云う。

    「正月に餅喰って太るのは当たり前や!」

    「ほな注文しとくわ」

    ウヒヒヒ。

     

    いよいよお正月や。

    餅は腹いっぱい喰いたい。

    焼いて喰いたいしお雑煮も喰いたい。

    餅ほど旨いものはこの世にない。ハイな!

     

    小松名物「大根寿司」は去年で漬けるのをやめた。

    僕の心臓は重い漬物桶を持ち運びできなくなった。

    母はまだ未練を持っている。

     

    大根寿司の桶は寒い戸外に置く。

    それで、食べるごとに外に出て、桶に何重にも重ねてある

    ビニール袋を外し、凍るような大根寿司を、素手でほじく

    り出す作業は、かなりな重労働だ。

     

    まして雪が降ったら、頭から真っ白になってこの作業をす

    る訳で。まあ、それでも構わないんだけど。僕と母は中止

    することにした。誰かもうひとり手伝ってくれたら可能な

    んだけどね。

     

    我が家の伝統文化はひとつ消えた。

    ほんと、この時期になると心がチクンと痛む。

    母の楽しみを僕が奪った。

     

    話は変わって。

     

    高校3年の頃に、バンド熱は沸騰した。

    クリームの登場が大きかった。

     

    僕等(僕と池田洋一郎と飛田一男)は、大学が夏休みの間

    は毎日練習した。隣の根上町(松井秀喜生誕地)のガレージ

    で。全身汗まみれになってアドリブ合戦に浸った。

     

    時々遊びに来る長身の男がいた。歳は20代半ば。

    彼はベトナム人で小松製作所で働いていた。

    「あなた達はブルースが好きなのか」

    僕は彼の口から出た「ブルース」にビックリした。

     

    でもその次に出た言葉にはもっとビックリした。

     

    ー僕は数学が好きだ。ブルースも好きだけど。正直に

     云うと、僕は日本人が馬鹿なのにがっかりしたー

     

    この言葉は忘れませんねー。

    ベトナム人に云われたのがショックでした。

    まあ、彼の身に何があったのか知りませんが。

    単純に、ショックでした。

    この歳になっても、あの瞬間のことは忘れません。

     

    それ以来、僕は日本人が特別頭がいいとか、優れている

    とか、そんな言葉に疑問を持つようになった。

    ついでに「神風が吹く」もね。

     

    ファーウエイの巨大さを日本人が知ったのは、正に、つい

    数日前だ。なんとこの国のマスメディアは、そんな重要な

    ことを、唯のひと言も報道しなかった。

     

    ー日本の科学技術では中国に追いつけませんー

     

    これだけで十分だ。この一言を誰も云わなかった。

    イッツ・トゥー・レイトだ。

    大本営発表を嗤えない。今もそうなんだから。

     

    進路も、形も、何もかも決められない日本。

    明治維新からの体制がエンエン続く日本。

    官僚主導政治をやめようと、何度云っても駄目な国。

     

    それでもまだモッているのは、先人たちの知恵と努力以外

    の何ものでもない。なんか、僕の云うことはドン・ヘンリ

    ーに似てるわ。ウヒヒヒ。

     

    問題は山の如くあるぞ!自民党!

    まあ、自民党はどうでもいいか。

    僕は不甲斐ない日本と自分を同化する。

    日本が駄目なら、僕も駄目だ。

     

    進路も、形も決められないのは、僕だ!

    そうでしょう、僕であり、あなたですよ。

    逃げられませんよ、日本からは。

    そこがヘンリー君とは違う。

     

    ヘンリー君は地球を見限って、脱出しましたからね。

    凄いなー、やっぱアメリカ人は。

    いつかは宇宙のどこかに住むつもりだから。

    僕は心が狭いので日本にしがみつくけどね。

    まあ、人は色々です。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

         

    | - | 10:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955825