RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 似てそうで非なるドン・ヘンリー | main | 枯れてどうする!万車券や! >>
冬の仮設高架橋
0

    12月20日   晴れ   起床4時

     

    朝食     札幌味噌ラーメン

           納豆

           ご飯少々

           青汁

     

    ラーメンが食べたくて朝の4時に起きた。

    この食欲はどうかしている。

     

    買い置きした「生ラーメン」を冷蔵庫から取り出し、

    お隣からもらった長ネギを刻み、冷蔵庫の奥にあった

    「焼き豚」を3枚、ついでにモヤシの袋を破り、水に

    さらし、準備万端整えた。

     

    太ろうが、血管が詰まろうが、断固、ラーメンが喰いた

    かった。ラーメンとくればライスに決まってる。

    僕は久しぶりに食欲と云う快楽に酔った。

    もちろん、汁の最後の一滴まで飲んだ。

     

    午前6時、読みかけのミステリの続きを読む。

     

    マイクル・コナリー著「ナイトホークス」

     

    コナリーのボッシュ・シリーズは何冊か読んだが、この

    「ナイトホークス」が一番面白い。ベトナム戦が背景に

    ある。

     

    午前9時。自転車でマッツへ。

     

    18日。同級の山本庄一君の葬儀に参列した。

    彼は突然死だった。

    夜、「寒いから二階から毛布取って来るわ」

    彼はそう云って二階に上がった。

     

    なかなか降りてこないので、奥さんは二階を観に行った。

    彼は毛布を抱えたまま息絶えていた。

     

    「とても元気だったんですよ」

     

    病院にかからず、薬も飲んでいなかった。

    ついこの間、小松駅前でばったり会った。

    彼は脇に書類を抱え、忙しそうだった。

     

    「まだまだ世の中は離してくれんでな」

    彼は笑った。とても元気だった。

    山本庄一君。お疲れさまでした。

     

    北陸本線の隣に、新幹線の高架橋が知らぬ間に掛かって

    いる。金沢から福井県敦賀に、北陸新幹線は延伸する。

     

    JR西日本は金沢開業に味をしめ、前倒しで工事を進める

    。彼らは北陸が金になるとふんだ。

     

    新幹線の高架橋の下を歩いて「えびすや」に行く。

    クリカラモンモンのお兄さんは「おう、メンタンピン来た

    ぞ!」と、僕を見て笑う。

     

    「メンタンピンや!印税どれくらい入った」

    「325円や」

    ジャブを応酬する。

    良いタイミングで女将が割り込む。

    「忠平さん、何飲む」

    「芋のお湯割り、そんで刺身ね」

     

    女将は大声で奥の調理場の大将に叫ぶ。

    「忠平さん刺身やと!」

    「あいよ!」

     

    こう云う光景が奇跡の様に思える。

     

    金沢美大の先輩H氏は今年逝った。

    H氏は優しく、男らしく、孤独な人だった。

    「作品作るもんは誰でも悩んどるわい」

     

    「佐々木君、今度じっくり飲まんなんな」

    この言葉が最後の言葉になった。

     

    土から生まれた人だった。

    妻も子もなく、彼は作品に打ち込んだ。

    僕はH氏に甘えたかった。

    先輩!先輩!

    何度も云いたかった。

    「えびすや」での、幾つもの光景を僕は忘れない。

    先輩!

    お疲れさまでした。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955826