RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 冬の仮設高架橋 | main | 脅しと大嘘。 >>
枯れてどうする!万車券や!
0

    12月22日   曇り   起床6時

     

    朝食    牛肉入りうどん

          大根寿司(もらいもの)

          ご飯少々

          りんご

          青汁

     

    昨日は天気が良く散歩を兼ねて福井競輪場へ。

    (何が散歩や!)

    今月は福井に2回しか来ていないぞ。

    駅のマーケットで「鶏肉照り焼き弁当」450円を。

     

    3レース目の締め切りに間に合わず、ベンチに腰かけて

    ゆっくり弁当を喰う。やっぱ旨い。福井の弁当最高!

     

    第4レースは外れたが、第5レースの6千いくらを引っ掛

    け、今日のボロ負けは回避。あとのレースは比較的収まっ

    て、いよいよ準メインの11レース。

     

    このレースは荒れるとふんだ。

    勘だけどね。でもこれ大事。

     

    △の7番柴崎淳から、近畿ラインの8番澤田義和へ。

    7−8は二車単で56倍。そこから´い慘す。

    三連単7−8−1 7−8−3 7−8−4

    以上の3連単はすべて万車券。

     

    人気は3番諸橋愛から、東北ライン9番新山響平の3−9。

    このあたりも抑えた。

     

    最後の直線、7と8が外から良い感じで来るではないか。

    「行け!」大声が出る。

    7と8と3が重なってゴール。

    「7が頭か!8が頭か!」

    またも大声。

     

    三連複は買っている。でも、三連単が当たって欲しい。

    僕の目には7−8−3に見えた。当たれば半端な配当じゃ

    ない。金沢大和の高級紳士服売り場で、スーツとコートが

    二着ずつ買える。

     

    残念ながら結果は8−3−7。

    三連単14万円の高配当。三連複は5千円と少し。

    「あんた、三連複でも良しとせんなんぞ」

    隣で観ていたお年寄りに励まされた。

     

     ー福井、大好きー

     

    ハズキルーペの女優みたいだ。

    今年は福井に通いまくった。

    あとは28日からのグラン・プリを残すのみ。

     

    知らない街を歩くのは気持ちが良い。

    だから、人は旅に出るんだろうが。

     

    何と云うか、街に観られると云うか。

    独特の緊張感がある。

    徹底的に自分中心だしね。

     

      ー俺は今、ここに、いるぞー!

     

    足羽川の土手にいるぞー!てね。

    そんな楽しさはそうそう無い。

    俺は生きてるぞー!やね。

     

    自己確認と、大いなる自己肯定。

    いいんじゃないの。

    ロックはそれやから。

     

    最近しみじみ思う事。

    ー ラーン・トゥ・ビー・フーリッシュ −

    (愚かなることを学べ)

     

    愚かでいいのよ、賢いなんて思ったら頭が左向くから。

    いるでしょう、自分が頭いいと思い込んでる左の人。

     

    迷惑やわ、ほんと。

    もっと謙虚にならんと。

     

    僕はそんな人達に云いたい!

     

      ー 競輪、当ててみろ! ボケ!

        競輪場に来てみろ! ボケなす!

     

    人間、枯れてしもたら、ジ・エンド。動物から植物ね。

    人間関係の輪の中を、ぐるぐる回ってばかりじゃ面白く

    ない。たまにはそんなとこから逃げ出して、博打はどう

    よ。

     

    「そんなもん、したことないわ!」

    だからや、だからアンタは狭い。

    博打もしない人間は、女に相手にされない。

     

    女はオモシロイものに飢えてるからね。

    「お前なんかに競輪が分かってたまるか!」

    これぐらいカマさんと。

     

    競輪場にいる間、身も心も温まるコートが欲しい。

    ポケットがでかく、軽くて、動きやすいコートが。

     

    札、小銭、車券、三色ボールペン、携帯、ティッシュ、

    予想屋から買った一日分の予想紙、ガム。

     

    目立つコートはいらない。

    地味すぎるコートはいらない。

     

    いっしょに冬を超えて行けるコートがあれば。

    人生はつらくない。

    人生、つらくはないさ。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:44 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
    今のステンカラーのコートはみんな丈が短い。
    わたしのは父のステンカラーなので長くて暖かい。

    内灘ではごっついダウンとブリジストンの長靴があれば雪が降ってもへちゃらさ〜です。
    | arison | 2018/12/23 10:38 AM |










    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955827