RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 枯れてどうする!万車券や! | main | ゴーンを許すな! >>
脅しと大嘘。
0

    12月23日  曇り  起床4時

     

    朝食    目玉焼き

          ソーセイジ

          トースト

          りんご

          胡桃の佃煮

          青汁

     

    午前4時に起きた。

    急いで朝食を作り、5時にはシャワーを浴びた。

    それから二階に上がり、詞を二つ書いた。

     

    韓国駆逐艦による日本哨戒機レーダー照射が起きた。

    日本政府の抗議に対し、韓国は北朝鮮の船を探していた為

    と、明かな嘘をついた。

     

    一方、カルロス・ゴーンは株の損失を日産の金で補填した

    ことはなく、知人の男にロビー活動を依頼した対価として

    16億円払ったと、みえみえの大嘘をついた。

     

    韓国なぜ嘘をついたか?

     

    日本を快く思ってない軍人が命令を下した。

    彼はあわよくば能登沖に置いて、日本との戦闘に入るきっ

    かけを作りたかったのかも知れない。

     

    韓国が一番戦争したい国は昔から日本と決まっている。

    敢えて「韓国軍」とは云はないが。

    サッカーやら、妙な裁判やら、産経新聞記者の逮捕やら、

    これだけ見せられれば、アホでも分かる。

     

    いや、普通なら、日本は戦闘状態に入る準備をせねばいけ

    ない。そうしなければ、これから何度も、こんな脅迫は起

    きる。

     

    中国、北朝鮮、韓国。日本を敵対視する国に囲まれて、そ

    れでも憲法9条改正反対と云う人は、ほとんど変態の域に達

    しているか、それらの国の意を受けた極秘戦闘要員としか思

    えない。非常に残念だがそう思うしか答えがない。

     

    ゴーンを許す日本人はいない。

     

    彼は日本人が一番嫌う事をやり続けた。

    金に狂う人間を日本人は心底軽蔑する。

    或いは、フランス人なら、これ位むさぼるのは当たり前な

    のか。

     

    世界の笑いもの、世界のお人好しは、願い下げだ。

    例えば、日本人は比較的米国人に好意を持っている。

    「もしソ連に占領されたらどうなっていたか!」

    母親はソ連に比べ、米国はマシだったと云う。

     

    では米国人は日本人をどう思っているか?

     

    僕は大嫌いだと思う。

    戦争で亡くなった米兵遺族たちの恨みの象徴、

    「リメンバー・パールハーバー」で明らか。

     

    カリフォルニアにおける日本移民の強制収容と財産没収。

    今も続く、サンフランシスコ市の慰安婦像設置。

    橋本政権時の輸入規制と荒れ狂った日本バッシング。

     

    これで、米国民は日本を好きだなんて思えます?

    何もかも忘れ去り、水に流してチャラとはならない。

    島国日本なら通じるが。

     

    日本が世界から好かれようが、嫌われようがどうでも

    いい。それは世界の勝手だ。日本人のせいではない。

    でも、日本人はそのことを気にし過ぎる。

    見栄を張り過ぎる。すべて、島国ゆえか。

     

    テレビに、一日中オカマが何人も出る国。

    日本は柔軟で、快楽的で、独特の秩序の国だ。

    世界中、どの国もそうだろう。

    おかしなとこの一つや二つはある。

     

    でも、外交安保まで独特と云うのは違う。

    それは通じない。それは危ない。

    韓国軍レーダー照射は徹底的に調べ、はっきりするべき

    だし、ゴーンには責任を実感させるべきだ。

     

    日本は常に世界から問われている。

    「お前らは変態か!」

    そう思われたら日本の何もかもが地に堕ちる。

    ゴーンによってフランスが、この国において、正に地に堕

    ちようとしているがごとく。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955828