RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< こらっ長妻!消えた年金出て来たぞ! | main | 能登の荒海を喰う。 >>
二人でリンディス・ファーンを。
0

    1月6日   曇り   起床6時半

     

    朝食   チャーハン

         りんご

         青汁

     

    昨日、伊豆より帰省。

    いよいよ小松での暮らしが始まった。

    ブログ読者の皆さま!今年もよろしくです。

     

    正月早々、ネットでステレオ・コンボを注文。

    妻が買ったコンボの音が良いので、僕のも買ってくれ

    と、妻に頼んだ。

     

    昔のソニーの機種なんだけど、アナログな音がする。

    机の上に置くのに丁度よい大きさ。

    けっこう元値は高いが、送料込みで3万7千円で購入。

    妻はメンテナンス料込みで2万円台で購入。

     

    僕はずっとヘッドホーンで音楽を聴く習性が抜けなかっ

    た。職業柄なんだけど。

    ヘッドホーンで聴き始めると、空気を伝わる音楽がかった

    るく思え、ステレオ装置はほったらかしにした。

    でもこれで、ようやく元に戻る。

     

      ー温泉に浸かるー

     

    正月一日から伊豆にいたが、風呂に入らなかった。

    家族は僕が大の風呂ギライなのを知っている。

     

    正月5日。

    近くのひなびた温泉に行かないかと妻に誘われた。

    入浴料500円。

     

    山の中の宿泊施設が、泊り客以外にも風呂を使わせてくれる。

    脱衣所も、体を洗う場所も狭いが、湯船はゆったり広い。

    夕刻だったので風呂場は薄明かり。

    江戸時代の湯に浸かってる感じ。

     

    肌はすべすべ。

    早めに出て受付で妻を待った。

    係りのオジサンが「湯上りにこれ一つ」とミカンをくれた。

     

      ー正月に息子と歌を歌うー

     

    僕がエレキを弾いて、二人で歌った。

    「ドント・ルック・バック・イン・アンガー」

     

      −妻と歌を歌うー

     

    二人でリンディス・ファーンを。

    「ミート・ミー・オン・ザ・コーナー」

     

    「俺は本気出すと歌が上手いんだ!」

    息子は訳の分からないことを云った。

    誰がどう聴こうが下手だが。

     

    最後に。

     

    紅白は最後が一番良かった。

    「勝手にシンドバッド」を歌う桑田佳祐を引き寄せて、

    ユーミンがキスをした。

     

    日本には結局、この二人しかいないと思った。

    まあ、ユーミンのケツ振りの上手いこと。

    ダンスの上手いこと。

    鈴木茂さんのストラトの古いこと。

    音もムチャクチャきれいだったし。

     

    なーーんも前に進んでいない。

    デジタルになって世界は停止したんじゃないの。

    きらびやかで色は溢れているけどさ。

    ただそれだけだったりしてね。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 10:26 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
    『Oh Sweet Lady 』もアコースティックギターでお願い。 
    今年も 元気で 新作つくりに いそしんでください。 
    首をながーーーーくして まっていますよ。 
    | 本町T. | 2019/01/07 11:32 PM |










    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955831