RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 二人でリンディス・ファーンを。 | main | 鎖国がとけるぞ! >>
能登の荒海を喰う。
0

    1月10日  曇り  起床4時半

     

    朝食    焼うどん

          りんご

          青汁

     

    いよいよ本格的に寒くなってきた。

    でも、まあ、2月までと思えば、なんとか我慢できる。

    北陸だもん!寒いのは当たり前。

     

    正月料理、お節料理で一番は、やっぱ、酢ダコだ。

    能登のミズダコに勝るものはなかった。

     

    厚手に切ったタコを口に放り込み、モグモグと噛み続け

    る。早めに喉にやると、窒息する。

    それぐらいデカいのを延々と噛む。

     

    唾液と混ざって、突然柔らかくなる瞬間がある。

    口の中はと云えば、酢とタコの旨味が混ざった汁が、溢

    れそうになってる。

     

    そのタマラナイ汁と、旨味を潰し出されたタコの残骸を、

    いっしょに飲み込む。

    その辺のマーケットで、切り身になって売られてる酢蛸と

    は、全く非なるもの。我が家では太い脚を一本、魚屋に頼

    んで、能登から取り寄せる。

     

    大根おろしを添えるもよし、添えないもよし。
    ビールで良し、日本酒で良し、ご飯で良し。

    タコの足の先の先まで旨い。吸盤も旨い。

     

    残ったタコは、油紙に包み、さらにビニールに包み、発砲

    スチロールの箱に仕舞い、戸外の軒下に置いておく。

    こうしておけば、タコの身は冷えに冷え、故郷能登の、海

    の穴の中にいる状態となる。

     

    戸外で吹雪が荒れ狂い、寒さで水が凍りつけば、酢ダコは

    より旨味を増す。歯茎をキシキシ云わすほどに熟成する。

    この味を知らずして、北陸の冬の魚を語ってはいけない。

     

    1月6日の夜。

    ついに買い置きのミステリ本がなくなった。

    僕は麻薬が切れたジャンキーの如く机の上と下を探した。

    でもミステリはない。

     

    百田さんの「日本国史」を寝転んで読むのは失礼だ。

    あんな重い本はそもそも寝転んでは読めない。

    「王とサーカス」も読んでしまったし。

    ノーベル賞のK・イシグロは途中でやめたしなー。

     

    今年は、デニス・ルヘインの全著作を読みたい。

    彼の作品に込められた熱情は、決して真っすぐな熱情では

    ないけれど、必ず僕を満足させる。

     

    彼の「シャッター・アイランド」は残してある。

    ワザと残した。読むのがもったいない。

     

    彼の文章はローリング・ストーンズと似ている。

    どこかマトモではなく、どこか悪の影がある。

    でも、ルヘインの描く悪は、とても美しい。

     

    人間は正義だけでは生きてゆけない。

    男は家族の為、恋人の為、生まれ故郷の為、国の為、

    いつか体を張らねばいけない。

     

    例えその行為が「悪」だとしても。

    「悪」の範ちゅうだとしても。

    犠牲になることを恐れてはいけない。

     

    ギャングとして生きるとしても、小市民として生きる

    としても。

    男の生き方は、同じだ。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 13:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955832