RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 能登の荒海を喰う。 | main | サインを見逃すな! >>
鎖国がとけるぞ!
0

    1月12日  晴れ  起床5時半

     

    朝食   シイタケと小松菜のチャーハン

         玉子巻き

         りんご

         青汁

     

    昨日は小松市民病院で診察。

    採血後、体重を計ると102・9キロ。

    「ど・どど・ど・ふぇー!」

     

    まあ、正月過ぎやから、仕方ない。

    血圧もべらぼうに高いし。

    計った看護師が数値を見て、

    「無かった事にしましょう。やり直しですね」

    そう云ったのがショックだった。

     

    担当の女医者が云うには。

    「心臓はけっこう堪えますが、或る日突然、

     やーめたになります」

    「やーめた、ってことは、死ぬんですか?」

    「そう云うことです」

     

    ビビルなー、脅し過ぎやで、ほんと。

    だから女は嫌いや、なんてね。

     

    逆に、酒飲みまくって、旨いもん喰いまくって、ほんで

    体壊して痩せるのが、いいかもなー。

    中途半端に節せいするから太るのよ。

     

    普通は死亡記事の中に「心不全にて」とかあるけど、僕

    の場合は、生きながら心不全やから。

    エコーで観ると、心臓の鼓動は弱弱しく、今にも止まり

    そうだ。まあ、こんなんで良く生きてると思う。

     

    バンド名を「シンフ・ゼン」にしようかな。

    なんか、新しい禅宗の宗派みたい。

    白人は「禅」に弱いからね、すぐに全米ツアー出来るぞ。

     

    さて。

     

    スーパー・銭湯でおばちゃんたちに人気の、中年アイドル

    のひとりが、暴力と競馬で引退に追い込まれた。

    それなら、歌舞伎の御曹司たちも同じようなもんだ。

    芸の肥やしだとかなんとか云ってるが。

     

    御曹司たちも女優や、芸子や、アイドル達に、たかりまく

    ってたんと違うの?

    殴ろうが変態しようが、今になって週刊誌に書かれてアウ

    トはない!おかしい。

     

    女の金を競馬で使うのは罪なんか?

    男に狂って3000万貢いだ女は相当数いるだろう。

    男と女の関係は複雑だし、打算も入るし、他人にはわから

    ん。

     

    関係する女が一人もいないアイドルは存在しない。

    ジャニーズ然り。

    まあ、モテまくった男の話は悔しいのでこれくらいに。

     

    韓国との関係悪化や、フランスの報復逮捕やら、頭に来る

    ことだらけだけど、これが普通だ。

    決して他国を信用してはいけないと云う啓示やね。

    日本人はお目出度すぎる。

     

    そんなことより、日本のロックをどうするか。

    偉そうに云ってるけど、今年はエネルギーをこれに集中

    しようと思う。

     

    移民が増えるなら音楽は今に増して大切だから。

    音楽は国そのものだ。

    米国は白と黒を混ぜてロックンロールを作り上げた。

     

    ロックンロールは、移民大国米国では計り知れない

    効力を発揮した。

     

    ロックンロールの元に、アイルランド系移民はアイルラン

    ド民謡を抑制した。フランス系もイタリア系も然り。

    アフリカ系も云うに及ばずだ。

     

    各々の民族が自国の音楽を抑制し、アメリカ生まれの新し

    い音楽を受け入れ、巨大な音楽産業と文化を創造した。

    これが米国の凄さだと思うが、如何に。

     

    さて、日本人はどんな音楽を作るのかな。

    何と何を混ぜようかな。

    ようやくにして、長かった鎖国がとける。

    混乱の一年が始まる。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955833