RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 鎖国がとけるぞ! | main | すぐにカブレる私です。 >>
サインを見逃すな!
0

    1月13日   晴れ   起床5時半

     

    朝食    牛焼き肉

          山盛りキャベツ

          数の子

          ご飯

          ぼた餅一個

          板チョコ一枚

          りんご

          青汁

     

    天気良いのでここんとこは自転車。

    あちこちで用事をかたずけていたら、突然パンク。

    正月早々自転車屋でパンク修理となった。

     

    原因は画びょうを踏んだため。

    ついていないと思いその日は酒を飲みに出るのを

    やめた。パンク修理代1500円。

     

    古い話だけど。

     

    暮れの12月30日。

    僕はグランプリ決勝の為福井駅に降り立った。

    バスの時間まで10分あった。

     

    その日は、駅前の広場に特設リンクが設置され、大人も

    子供もスケートを楽しんでた。

     

    見るともなしに見ると、やたら転ぶ男の子がいる。

    小学校2年ぐらいか。男の子はプロテクターで防御してる

    が、3秒に一度は仰向けにひっくり返った。

     

    それを何度も繰り返す。

    彼は多分初めてリンクに立ったんじゃないか。

    面白いように転ぶ。

     

    僕は声を潜めて笑った。

    男の子は立ち上がるたび、直立し、バランスを崩し、豪

    快に転ぶ。僕はついに声に出して笑った。

     

    「うわーっ、またスベッた!またや、またスベッた!」

     

    「スベる」は良くない。ピンときた。

    これから勝負しに行く者にとって「スベる」は縁起が悪

    い。「転ぶ」も良くない。

     

    競輪場に着く前に、僕の負けは決まっていたように思う。

    やはり勘が鈍っていた。あんな日は少額にすべきだった。

    脇本選手のせいじゃない。

    僕は負けるべくして負けた。

     

    競輪をやり出してから、自分を俯瞰するようになった。

    客観的に自分の行為を見る。

    主体的に猪突猛進すれば、即地獄行きだ。

     

    レースの前に勘が働くことがある。

    「あれっ、次のレースは当たるかもな」

    そう思えれば、100%的中する。

     

    何か兆候がある。

    「負けるんは嫌や!」と思っていたのに、「負けても

    エエから買おう」に、気持が変化することがある。

    そんな時はたいがい当たる。

     

    「当たらんなー、今日は駄目やな」

    そう思ったら、さっさと家に帰った方がいい。

    へたにウロウロしてると財布は空になる。

     

    流れと云うか、運気と云うか、それに逆らったらトコ

    トン負ける。

    と云うことは、常に前向きでいる奴に運は向く訳で。

    後ろ向きになると良いことはひとつも起きない。

     

    決して前向きでない僕が云うんだから間違いない。

    そして兆候(サイン)ね。これを見逃さない事やね。

     

    去年の12月から毎日、24時間の日記と云うか、何を

    したかを書いている。そうすると、一体僕は何をする為に

    生きているかがすぐに分かる。

     

    足りない時間。

    もっと増やしてもいい時間は、机に向かう時間だ。

    物を書く時間が少ない。

     

    作品を書くのではない。

    頭をよぎったこと、思いついたことを書けばいい。

    ノートに文章を、これでもかと書けば、頭の中が整理され、

    行動を伴うように思うが、どうだろう。

     

    僕はだいたい午前7時から9時頃まで机に向かう。

    歌も歌う。一仕事終えマッツに行ったり、競輪に行った

    りする。

     

    贅沢な暮らしだ。

     

    日本人は自分を大切にするのが苦手とか。

    もっともっと自己中心でも良いんじゃないか。

    これまでとは違うんだから。

    残りの時間は少ないし、馬力もいつまでか分からん。

    せめて頭は、もっともっと使いたいなー。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955834