RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< サインを見逃すな! | main | 家にいると終わるぞ! >>
すぐにカブレる私です。
0

    1月17日   曇り  起床5時

     

    朝食   おでん(大量のこんにゃく)

         ソーセイジと小松菜の炒め物

         玉子巻き

         りんご

         青汁

     

    文芸春秋今月号の「この人の月間日記」は、時代小説家

    の佐伯泰英氏。文庫を6千万部売った人。

    つらつら読んでる内に共通項を見つけた。

     

    氏も朝が早い。だいたい午前3時から4時の間に起きる。

    もうひとつ、北欧や欧米のミステリを好む。

    「カササギ殺人事件」の下巻がややこしい、と氏は日記

    に書いている。(同感!)

     

    僕は佐伯氏の作品は読んだことはない。

    氏の顔はどう見てもストイックだ。

    この手の顔は大の苦手。嫌いではなく苦手ね。

     

    日記だからか文章は文語体。

    なんか、このあたりも引っ掛かるんだけど。

    熱海界隈に住んでるのも如何にも「売れっ子です」的

    だし。けど僕は、氏のストイックさを真似ようと決心

    した。

     

    起きてすぐと、夕食の前に、氏は犬の散歩に出る。

    散歩から帰ると、風呂に入り筋トレとストレッチ。

    食事は一日二食。酒は少々。

     

    就寝は午後9時半頃と早い。

    これは僕といっしょ。

    一日二度の散歩は真似できる。散歩の後風呂に入るのも。

    問題はそんなとこではない。

     

    一日の創作時間を氏はボヤカシている。

    午前中一杯の気がするが、午後もゲラを直したりはしてい

    る。例えば、午前4時に起き、5時頃犬の散歩に出て、それ

    から風呂に入れば、6時は過ぎる。

     

    なんか、佐伯泰英をミステリしてるぞ。ウヒヒヒ。

    6時半に彼はパソコンに向かう。

    でも、よくそんな時間に、物語を考えられるものだ。

    ここだな、プロとアマの違いは。

     

    僕は小説家ではない。

    僕の創作は曲を作ること。

    「朝の6時に曲が浮かぶかな?」

    小田和正さんなら出来るんだろーなー。

     

       曲作りのプロ=ポップス・ミュージシャン

     

       曲作りのアマ=ロック・ミュージシャン

     

    こんな概念はぶち壊さないといけない!

    僕はストイックに行くと決めたのだ。

    アマだろうがプロだろうが、どっちでもいい。

    肝心なのはストイックだ!

     

    競輪をどうしようか?

    うーーーーーん。

    阿佐田哲也氏も、伊集院静氏も、競輪にドはまりしながら

    作品を書いたではないか。

     

    佐伯泰英氏は競輪しないだろーなー?

    絶対しないなー。

    伊東温泉競輪場近いのにね。

     

    長考の末、僕は「週間計画」に着手した。

    毎日の計画では息が詰まる。

    月曜日はこう、火曜日はこうと決めよう。

     

    おまけに昨晩オニュウなステレオが届いた。

    機は良し!

    今こそ「真人間」になる最後のチャンスだ。

    変えるのだ!すべてを!

    僕は燃えている。いつまで続くか分からないが。

    とりあえず報告まで!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 12:10 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
    読んでて笑ってしまいました〜。
    なんかおもしろくて。
    いくつになっても変わり続ける忠平さんはイケてる!

    変わらないってことは=変わり続ける事なのだと思います。
    | arison | 2019/01/20 8:41 AM |










    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955835