RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 家にいると終わるぞ! | main | 何のための国会議員や! >>
ミステリアスな夢を、今夜も
0

    1月24日  晴れ  起床6時半

     

    朝食   目玉焼き

         ソーセイジ

         サラダ

         粕汁

         青汁

     

    今日の朝は寒かった。

    作り置きの粕汁に、刻んだショウガとネギを大量に放り

    込んだ。ついでに豚肉も。いよいよ冬の本番か。

     

    ノートに思いついた歌のテーマを書いてみる。

    努力の甲斐があり、幾つもの具体的なテーマが浮かんだ。

     

    まあ、たいした努力をした訳じゃないけど。

    机に向かう時間を増やしただけ。

    そうしてる内に自分の癖と云うか、何と云うか、分かっ

    たことがある。

     

      ー夕食後に僕の頭は働かないー

     

    そもそも普段から動きは悪いんだけど。

    これが夕食後だと停止状態になる。軽い話は出来るが、

    少し重い話になるとシンドイ。

     

    若い頃みたいな夜型は無理だ。

    ひょっとすると、佐伯泰英さんもそうなのかも。

    もうひとつ、重要なことが分かった。

     

      ーいかに夢を利用するかー

     

    アイデアの源泉は夢に敵わない。

    なんせ昨今は、リアルな夢ばかり見る。

    それもすべて、思いもかけないことばかりだ。

     

    ほとんどはこのブログでは書けない。

    積もり積もった僕への怨念とか、僕を責める夢が多い。

    或いは奇想天外な夢。

     

     ー昨日の夢ー

     

    僕は知り合いと喫茶店に入りコーヒーを飲んでいた。

    そこはウッディで、アーリー・アメリカンな店だった。

    しばらくすると店全体が少しづつ動き出した。

     

    「はい、皆さま、この店自慢の仕掛けで御座います」

    店の玄関も中庭も、かなりなスピードで走り出した。

    どうもレールの上を動いている。

     

    そして敷地ごと、どこか郊外の野原に停まった。

    そこはディズニーランドを思わせるアミューズメントな

    街だった。

     

    「ここでは、何もかもが無料です。料理も、服も、

     何もかもが、タダなのです」

     

    西洋人のおばさんが日本語で口上を述べる。

    僕の脇に一匹の子豚がいる。

    「モンテピットと、これからお呼びください」

    例のおばさんが云う。

     

    モンテピットはそこいら中走り回った。

    でも、しっかり僕の後を付いてくる。

     

    「僕、喉が渇いちゃった」

    モンテピットは赤いジュースをがぶがぶ飲んだ。

    僕は飾ってある服を見て回る。

     

    「僕、気持が悪くなっちゃった」

    モンテピットは柱の陰で赤いジュースを全部吐いた。

    中年の支配人が出て来て「これはこれは」と云って子豚

    の吐いたジュースに薬を掛けた。

     

    そのとき僕は全てを理解した。

    「これは催眠術だ。あの喫茶店にいた者すべてが催眠

     術にかかったんだ」

     

    そこから夢は壮大になり、懐疑的になり、よりリアルにな

    り、僕はぐったり疲れた。

    気が付くと、僕はじっとふすまを見つめていた。

     

    多分、まあ、多分じゃないけど。

    心臓が悪いのが原因。

    病院で見る夢はすべて空前絶後なのと似ている。

     

    現実の暮らしは地味だ。

    でも、地味だからって、地味な歌を作ってもね。

    少しは派手な歌を作りたい。

     

    そんで、モンテピットって何なの?

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:23 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
    Chuuhei in Wonderland!
    そうそう、夢ってとんでもなくおかしく、おもしろいですよね。
    | arison | 2019/01/26 9:58 AM |










    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955837