RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< ミステリアスな夢を、今夜も | main | ナオミを見習え!自民党 >>
何のための国会議員や!
0

    1月26日   雪   起床2時半

     

    朝食    チャーハン

          玉子巻き

          納豆

          おでん

          イチゴにヨーグルト

          青汁

     

    起床午前二時半はかなり早い。

    窓の外は真っ白。雪は降り続いている。

    「まあいいや!」

    即、朝食の準備に取り掛かった。

     

    昨日は福井競輪場。

    久し振りに負けた。寒さが気になり、気合がもうひとつ入

    らなかった。

     

    帰りは福井駅まで無料バス。

    駅に着くと小松のHさんが切符を買ってる。

    「Hさん、今日はどうでしたか」

    「30万ぐらい勝ったかな」

    「凄いなー」

    「ほら、3連単で9千5百円なんぼのレースあったやろ、

     あれを3千円買うたんや」

     

    第7レースと第9レースは9千5百ナニガシの配当だっ

    た。

    「5千円買うつもりやったんやけど、3千円にした」

     

    なんで万に近い車券を5千円買えるんだろう?

    そう思った途端、競輪熱がスーッと冷めた。

     

    Hさんは若い頃はその筋の人。
    度胸千両だ。それにしても不甲斐ない。

    「そんな勝負出来ないなー」

    いや、そもそも、そこまで競輪が分かってない。

     

    多分、そのショックのせいで、午前二時半に起きた。

    朝食後は力一杯歌った。そして詞をひとつ書いた。

    詞はノート三枚に及んだ。

     

    さて。

     

    韓国は日本を目の敵にしている。

    僕は、もし日本が戦争に巻き込まれるとしたら、相手は韓

    国だろうと思ってきた。

     

    慰安婦問題、サッカーでの反日行為、産経新聞記者への迫

    害、徴用工問題、韓国が日本に対し、目をむき口汚くのの

    しるのを、ずっと見てきた。

     

    これは日本人の理解を超えた怒りだ。

    それに対し「日本は大人の対応を」なんて、政府もメディ

    アも、ことを抑え込んで来たが。

     

    今の日本が「大人の対応」など出来るの?

    正式に軍を持たない国が「大人の対応」なんていったら、

    世界から嗤われるぞ。

     

    韓国国民全員が日本を馬鹿にしてるとは思わない。

    そんなことは無いと思う。

    問題はこの国だ。

     

    「強硬手段を取る用意がある」まで言われても、ヘラヘラ

    してるこの国だ。どうかしてるんじゃないか。

    韓国政府は韓国国民のプライドを守るために、嘘もつくし

    話も誤魔化す。どんな国も同じだ。

     

    だからジョン・レノンは国境が無ければいいと歌った。

    国境があるから、国があるから、戦争が起きるのだと。

    でもそれでは、人類の歴史を真っ向から否定してしまう。

     

    例え戦争があろうと、大量殺人があろうと、国境をなくせ

    ない。

    国に縛られているからこそ、宗教に縛られているからこそ、

    人類は発展し、今に至った。

     

    話を戻す。

     

    北が保有する核は、まさしくオンリー・フォー・ジャパン。

    日本を脅すためであり、ついでに米国をくすぐるためだ。

    それを無用にするには日本の核武装しか手はない。

    でもその手を日本人は自ら縛って、米国に従属している。

     

    南北が統一されれば、韓国は核保有国になる。

    こんなラッキーな話は滅多にない。

     

    我慢は出来る。

    日本人は我慢強い。

    でも、自虐は嫌だ。僕個人なら何でもいいが、国は違う。

    子供や孫や、親やじいさん婆さんが馬鹿にされるのは、絶

    対に許せない。韓国民がそうであるように。

     

    訳知り顔の防衛大臣はいらない。

    嘘をついて韓国民を守っている韓国政府に失礼だ。

    当たり前に、怒ればいい。

    「ふざけるのもほどほどにしろ!」

    この一言。

     

    それで韓国が逆上して戦争になるなら仕方がない。

    意見も云えず、怒りもせず、ニヤついた態度で、事は過ぎ

    てはいかない。

     

    一体、何をしている!

    国会議員ども!

    国民の不安に火をくべるつもりか!

     

    何も出来ないなら、即刻、辞任しろ!

    国民の命とプライドを守れない者は去れ!

    お前たちの使命は、国民の為に命を張ることだ。

     

    消防士や警察官は命をかけ国を守っている。

    拉致された人達を奪還せず、ボーッと見ているだけなら

    犬でもできる。

     

    すぐに韓国へ飛べ!

    殺されても良いから行け!

    きちんと話を付けるなり、宣戦布告するなり、

    ハッキリして来い!

    無用の長物を飼っているほどの余裕はない。

    小泉進次郎!おまえ行けるか!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955838