RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 何のための国会議員や! | main | あったかいんだから~ >>
ナオミを見習え!自民党
0

    1月27日   小雪   起床4時半

     

    朝食    豆餅3個

          肉・キャベツ炒め

          おでん

          玉子巻き

          納豆

     

    今朝も寒い。

    窓の外の雪は昨日と変わらない。

    溶けもせず、積もりもせず。

     

    この程度の雪でも歩道は歩けない。

    誰も家の前の歩道の雪をどけない。

    歩く人が少ないからだ。

     

    昔なら、まずは歩道の雪をどけて、通学路なりを確保し

    たが、今はほったらかしだ。

     

    駅へ向かう主要交差点の雪も、誰もどかさない。

    歩行者は横断歩道手前の溝に、ズッポシ足首を突っ込む

    覚悟で一歩を踏み出さねばいけない。

     

    雪が積もれば、年寄りは街のどこも歩けない。

    田舎は徹底的に自動車以外は無視される。

    歩行者、自転車、それらは例外であり、勘定に入れても

    らえない。

     

    観光客で溢れる金沢も同じ。

    香林坊日銀前の、金沢で一番乗降の多いであろうバス乗り

    場は、金沢で一番危険なバス乗り場だ。金沢市は完全に見

    て見ぬふりをし、放置しているが。

     

    交通安全が笑う。

    歩行者は背筋も凍るほどの恐怖を日々味わわされる。

    必ず日銀前バス停で惨事が起きるだろう。

     

    信じられないほど急なカーブを下りないと、バスのステッ

    プに取り付けない。その下降するカーブは、雪がふればツ

    ルツルになる。

     

    ー80歳になったら運転免許を返納しろ!−

    なんて風潮を醸しながら、冬場は一歩も外に出れない。

    そんな現実は無視。いかんなー、優しくないなー。

     

    韓国との今回のトラブルも根は同じ。

    「我々には証拠がありますし、大人の対応で・・・・」

    全然わかってない。

     

    韓国に対応する前に日本国民にキチンと対応してるか?

    韓国政府が必死に嘘を付きまくるうちに日本人が、

    「どうも悪いのは海上自衛隊の方かも知れんなー」

    なんて思い出す可能性があるだろうが。

     

    そこにクサビ一本打ってない。

    エヘラエヘラと正義派ぶるのは百年早い。

    必死で自衛隊を擁護せんといかんだろう。

     

    証拠は、韓国に見せる前に、しっかり日本人に開示すべき

    だ。なんでこんなに態度でかく楽観的なのか。

    「我々は正義である」と、高をくくるなよ!

    そんなもん、向こうは木っ端みじんにするに決まってる。

     

    要は、韓国を無視してるからこうなる。

    軽く見てるからこうなる。

    自動車(米国)ばかり気にして歩行者(韓国)は置き去り。

    朝鮮人蔑視は戦前で懲りたはずなのに、懲りてない。

     

    「韓国が攻めてくるはずがない。ど素人は黙ってろ!」

    それなら国防も外交もいらない。「思い込み」だけでやっ

    て行けば。

     

    現実は思いがけないことが起きる。

    定説とか概念は、なんの役にも立たないときがある。

     

    自民党はピント外れ。

    これじゃあ、日ロ交渉も駄目だ。

    「結局、外交は4歳児や、何をやっても駄目やて」

    酔っぱらいがそう云った。

     

    ー軍事力の裏づけのない国に外交無しー

    悲しいけどね。そうなんだろう。

     

    年号が変わろうとしてるのに。

    まあ、年号を変えたぐらいではどうにもならんか。

    淋しいなー。ナオミちゃん頑張ったのになー。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 16:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955839