RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< ナオミを見習え!自民党 | main | 美大式生き方 >>
あったかいんだから~
0

    1月31日   小雨   起床5時

     

    朝食   目玉焼き

         ソーセイジ

         サラダ

         納豆

         りんご・ヨーグルト

         青汁

     

    今朝は7時に机に向かった。

    弟子のO君からもらったCDを聴いた。

     

    その内の一枚は「イーグルス・ベスト」。

    「ならず者」と「ホテル・カリフォルニア」はCDに

    合わせて歌い、ギターも弾いた。

     

      ハー・マインド・イズ・ティファニー・ツイステッド

     

      シー・ガッタ・メルセデス・ベンツ

     

                  −ホテル・C−

    こういうとこが良く分からない。

     

      サム・ダンス・トゥ・リメンバー  

      サム・ダンス・トゥ・フォーゲッツ

     

    こう云う言い方、欧米は多いね。

     

    さて。

     

    詞を書こうとしても中々かけない。

    佐伯泰英氏のように時代劇しか書かない作家なら、朝か

    ら書けるかも、なんて、昨日電車の中でふと思った。

     

    「時代劇」と限定されてるし、多分「人情もの」だから、

    何と云うか、パターンがあるんじゃないか。

    そうでなければ、毎朝毎朝書けるもんじゃない。


    僕は古いんだろうけど。

    健康的な作家ってのもピンとは来ない。

    正確に言えば、「健康的な作家」じゃなくて「健康を気

    にする作家」ね。

     

    でも、スティーブン・キングも健康を気にしてそうだし、

    村上春樹のランニングとかね。

    やっぱ、古いんやわ、俺。

    なんてね、ウヒヒヒ。

    スンマセンね、佐伯先生、付き合わさせてシモて。

     

    ほんで。

     

     ー金沢大和紳士服売り場のバーゲンにハマるー

     

    「あとひと月もすれば冬は終わる」

    これを基本方針にして「値下げ」の赤札が掛かりまくる売

    り場を、ふと、そう、ふと覗いたのがオオマチガイだった。

     

    「今年の冬はあとひと月かも知れませんが来年もあります」

     

    女店員の、この正論に押し切られた。

    彼女は僕の前に、次から次と商品を並べた。

    「着てみましょうか」

    「う、うん」

    僕は迷った末に、売値の半額になってる羽毛入りコートを

    買った。

     

    「今、会計して来ますからね」

    彼女はどっかに消えた。

    「うーーーーん、やられたー!」

    立ち上がった僕の目に魅力的なチョッキが目に入った。

     

    「これも半額やないか!」

    僕は帰って来た彼女にチョッキも買うと告げた。

    「ありがとうございまーす」

    またも彼女はどこかに消えた。

     

    堰き止めていた巨大な岩石が砕けた。

    こうなるともっと散財したくなる。

    ヤケだ!やんぱちだ!

     

    「お客さん!オンワードの売り場でもキングサイズ

     売ってますよ!」

     

    レナウンの次はオンワードかいな。

    「ほんなら見てみっか」

    「お客さーん、こっちこっち」

    「あいよ」

     

    僕はオンワードでもコートを買った。

     

    しばらくはひっそり暮らさないといけない。

    「値下げ半額」と女店員に弱い自分を戒めながら。

     

     ー散財分を競輪でー

     

    なんて思ったらドハマりになり、泥の中で死ぬだろう。

    そうじゃない。

    これは良い曲を作れと云う神の啓示だ。

     

    散財した翌日。

    僕はおニューのコートを着て、福井競輪場にいた。

    その暖かいこと。「こりゃ良い買い物したなー」

    なんせ半額ですから。

    まともに買えばウン万円ですから、ハイ!

     

    そして不思議なことが起きた。

    僕のまわりにいた人達が、次々、僕に話しかけて来る。

    「アレレレ?」

    福井県民は目が肥えているのか?

    僕のコートの素晴らしさが彼らには分かるのか?

    あなどれんゾ!福井県民!

    そうかー、そうやったんや!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:44 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
    声をかけたヒトたちは、 
    「大穴を当てて、懐があったかいお人」だと思ったんでしょうね。
    「その服に、いや、その福にあやかろう・・・」なんてね・・・
    | 本町T. | 2019/01/31 4:49 PM |










    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955840