RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< あったかいんだから~ | main | オン・ア・ダーク・ディザート・ハイウェイ >>
美大式生き方
0

    2月3日  晴れ  起床7時半

     

    朝食    玉子巻き

          ヨーグルト

          青汁

     

    何故だか分からんけどぐっすり眠った。

    今日はマッツの出勤日。

    シャワーを浴びて茶の間に行くと、母親は僕の弁当を

    作り終えていた。

     

    母の弁当には必ず玉子巻きが入る。

    母は前日に総菜屋から玉子巻きを買い、弁当に入りき

    らなかった分を朝食時に出す。

     

    何とも金の掛かることだが、年寄りのやることに文句云う

    筋合いはない。90歳に近い母親に弁当作らせてる訳で。

    でも、まあ、いいんじゃないの。

     

    NHKBS1「最後の講義・みうらじゅん」を観た。

    彼は確か、大島渚と云うバンド名で、イカ天に出場し、

    「カリフォルニアの青い馬鹿」とか云う歌を歌った。

     

    えらいひねくれた奴やなーと思った。

    彼はイカ天以降、テレビによく出るようになった。

     

    強気と弱気が常にせめぎあってる男だ。

    でも彼の云うことは、至極もっともだと思う。

      

       ー自分はないー

       ー人間は必ず死ぬー

       ー好き嫌いをなくすー

     

    僕もそうだが、だいたい、美術大学へ行く奴は、その時

    点で人生を半ばあきらめてる。

    自分は、世の中の役には立たないとの、確信を持ってる。

     

    だから、世捨て人だ。

    でもまあ、世捨て人なんだけど、完全には捨てられない。

    それで、ああだこうだ妙な理屈を振り回す。

     

    同じ美大でも、工業デザイン科や商業デザイン科に行った

    奴は引くてあまたで、ほとんどが一流企業に就職する。

     

    ところが僕のような彫刻科や、油絵科の連中は、就職口が

    さっぱり無い。教職免許をとってどこかの高校にもぐり込

    むしか道はない。

     

    でも、親がえらい金持ちとかも多い訳で。

    親の顔が広いと、作品を買ってもらえるメリットはあるし、

    留学は出来るはで、典型的な無害芸術家として生きれる。

     

    美大の面白さは他の大学では味わえない。

    美大は、入学したその日から、ひとりの独立した芸術家と

    してみられる。

     

    学生気分など全くない。

    そんな悠長なことは誰の頭にもない。

    自分は果たしてこの道でやって行けるだろうか?

    自分に才能は有るんだろうか?

    朝から晩までさいなまれる。

     

    「俺って、ひょっとして、もう社会人なんとちゃうの?」

    僕は入学してすぐそう思った。これはシビアですよー。

     

    教授は決して何も教えてくれない。

    そりゃそうだ、存在としては対等だから。

     

    教授は製作している現場を見て回る。

    じっと見る。ゆっくり歩きながら見る。

    時にだが、作品を見ていた教授が激高する。

     

    「あなたは何を作ろうとしているんですか」

    それで終わらない。そこから、その教授の、教授たる思い

    が噴き出してくる。

     

    「安物の職人になりたいならこの場所から去りなさい!」

    「どふぇー!」1年生の春からこんな洗礼を受ける。

    「わたくしはあなたを全く認めませんよ!」

    死にまっせ、ほんと、激しいですから。

    でもね、これが対等なんです。良いんです。

     

    違うでしょう。

    こんな緊張、他では味わえませんよ。

    僕はすぐにやめようと思った。

    彫刻の才能なんて、欠片も無いと確信したもの。

     

    みうら君も同じ光景を味わったと思う。

    美大は日本人的な人生をことごとく粉砕する。

    僕は今もロック以外は信じない。

    立派な人も、真面目な人も、優しい人も。

    すべて信じない。

     

      − ハウ・ゼイ・ダンス・イン・ザ・コートヤード、

        スウィート・サマー・スウェット −

                 

              「ホテル・カリフォルニア」

     

    青春時代に信じられるのは、こんな場面だけだった。

    光と風と夏の匂い。

    幻想でいい。

    そこに自分もいたように思える情景。

    それを書かなくちゃーね。

    頑張ろーっと!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955841