RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 美大式生き方 | main | 夢の中で受けまくったぞ! >>
オン・ア・ダーク・ディザート・ハイウェイ
0

    2月7日   午前中・晴れ  起床6時半

     

    朝食    かぼちゃスープ

          青汁

     

    いよいよ春めいてきたぞ。

    なんてね、明日からはまたも真冬並みらしいけど。

    僕も活動開始準備に入らんとね。

     

    僕は毎日、イーグルスのボーカル、ドン・ヘンリーを完コ

    ピしている。その歳で完コピーかよと、笑っちゃいけない。

    ボーカルの完全コピーなどなかなか出来ないし、「しよう

    と思う人」も滅多にいない。

     

    なんせ相手はイーグルスのボーカルよ。

     

    ー彼はドラムを叩きながら歌うー

     

    カーペンターズもそうだったが、ドラマーには歌が飛び

    ぬけて上手い人がいる。リズムの表と裏の感覚が、ギタ

    ー弾きより数段鋭いからだろう。

     

    問題はここらあたり。

    ドンの譜割り、リズムは独特で、例えばホテル・カリフォ

    ルニアは一題目ごとに、段落ごとにリズムを変えている。

     

    まあ、これ以上は専門的になるからパス。

    昨日まで知らなかったことが「あれっ」って分かったりし

    て、楽しいんですわこれが。

     

    やっぱ勉強は必要ですね。

    思い切りパスしてきたけど、勉強せんかったらなーんも分

    からんし、なーんも出来ん。

     

       ー例えばポテンシャルー

     

    65歳を過ぎるとほとんどの人は定年になる。

    自由業は関係ないけど。

    小松では定年後に家庭菜園始める人が多い。

     

    けっこうな重労働だと思うが、話を聞くと楽しそうだ。

    おまけに野菜がどっさり収穫できる。

    でも、それでいいんだろうか。

     

    この世に聖人君子はいない。

    みなどこかで間違ったり、法を犯したり、誰かを傷つけたり

    している。

     

    きっとそのはずだ。

     

    言葉を変えて云えば、誰も彼もが過去に大恥かいてる。

    日本は恥の文化だと云う。これだけ若い頃から今に至るま

    で恥かき散らしてきて、定年になると家庭菜園では、きっ

    と神様が怒る。怒るに決まってる。

     

    これがポテンシャルの元だ。

    それでもポテンシャルを生まないなら、その人はヒトでは

    ないのかも。

     

    ここに至るまでの「恥」を思い起こしてほしい。

    とてもじゃないが平然としてはいられない。

    僕なんかは大型ダンプ3杯分の恥をかき捨てている。

     

    ーオ・ト・シ・マ・エ・問題ー

     

    そう、どんな社会でも、落とし前はつけよう。

    僕は音楽界、ロック界に、落とし前を付けねばいけない。

     

    乃木希典は若き頃、西南戦争で軍旗を奪われ、軍人として

    は劣等生の烙印を押され、ついに芸者と酒に狂う暮らしに

    陥った。

     

    でも彼は或る日、その放蕩を断ち切る。

    それから後、乃木希典は今の僕たちが知る乃木将軍となっ

    た。何があったのか知らない。彼は落とし前をつけた。

     

    恥をかき捨てて別路線ではアカン。

    それは許されない。

    故浅川マキさんは云った。

     

    ー音楽の世界でも仁義とオトシマエは大事よー

     

    凄みがあった。

    僕はマキさんの言葉を裏切れない。

    「華麗なる年金暮らし」はパスだ。

     

    なんて偉そうに云ってるが、家庭菜園してる人は幸せだ。

    真面目に生きてきた人と、僕を比べるのは理に合わない。

    でも、たかだか65歳を過ぎたぐらいで、路線を変えるの

    は早い。

     

     ー アンド・シー・セッド、

       ウイ・アー・オール・プリズナーズ・ヒア

       オブ・アワー・オウン・デバイス

                   

                  ーホテル・カリフォルニアー

     

    いつか我々すべては文明の囚われ人となる。

    イーグルスは予見した。

     

    そして今。

    イーグルスは汚れ果てた地球を捨て、別の惑星に飛び立つ。

    桁外れのポテンシャルとパワーではないか。

    ロック・ミュージシャンはやっぱ凄い。

    勘違いでもいい。これくらいカマシテみたい。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 12:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955842