RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< オン・ア・ダーク・ディザート・ハイウェイ | main | 母はコタツで丸くなる >>
夢の中で受けまくったぞ!
0

    2月9日   曇り   起床9時半

     

    昼食    酢だこ

          トンカツ

          大根の煮物

          高野豆腐      

          太巻き寿司

     

    昨日、素晴らしい夢を見た。

    ライブをやってる夢だけど。
    僕にとっては革命的な方法で歌っていた。

     

    僕自身が思っていたよりも遥かに、エンターテナーした

    い自分がいることに気付いた。

    これは重要だ。

     

    その為には今までのやり方を変えなければ。

    客も楽しみ、自分も楽しむためには別の方法が必要だ。

    それを今ここで明らかにはしないけど。

     

    頭の中で考えた事なので、試さねば何も分からない。

    ヒントは「電気グルーブ」のライブ映像だった。

    僕は大いに参考にすべきところを発見した。

     

    誤解を恐れずに言えば、僕はもっと凄いグループだと思っ

    ていた。まあ、好きな人は滅茶苦茶好きなんだろうが。

     

    ー凄くないのにここまで残った理由ー

     

    曲も、ボーカルも、アレンジも、ごく普通だ。

    でも彼らは知っていた。僕の知らない何かを。

    大切な何かを。これがヒントかな。

     

    目が覚めてからも興奮は続いた。

    僕は午前8時に家を出て福井競輪場へ向かった。

     

    車中で考えたかった。

    いくつものアイデアが浮かんだ。

    決定的な、駄目押しのアイデアは浮かばなかったが。

    電車は福井駅に着いた。

     

    福井駅の改札にHさんがいる。

    僕は彼の名前を呼んだ。

     

    「おう、先生やないか!早よから来たんやなー」

     

    この日は別府G1日本選抜の初日だった。

     

    「早よから目が覚めてしもうて」

    「そうか、ええメンバーが揃とるさかいな」

     

    この日の競輪は見事にツイていなかった。

    僕は前回稼いだ分をすべて吐き出した。

     

    故寺山修司が日本の音楽界に残した言葉。

    ー大事なのは等身大であることですー

    山口百恵を育てたCBSソニー・ディレクター酒井さんが

    昔新聞に書いた。彼は当時、寺山修司の開いた教室に通

    った。

     

    自分の等身大?

    自分のクラスのことだと思う。

    人間はどうしても背伸びをする。

    手の届かない上のクラスのことばかり気にする。

     

    ー ロックは芸能だよ、忠平!へんてこりんな左翼に

      染まったらアカンぞ! 学生臭さはいらんから。

     

      学生臭いことほざいたキースを、チャック・ベリー

      は振り向きざま、ぶん殴ったやないか −

     

                     ー 大先輩の言葉

     

    ロックが芸能であろうがなかろうが、楽しめる方法は必

    要だ。その方法はやはり変化する。不変ではない。

    方法を変えても、本質は決して変わらない。

     

    だからミステリは延々と書き続けられる。

    シャーロックとポワロだけで終わらない。

    ボッシュやリンカーンが登場してくる。

     

    では日本のロックはどうなのか?

    新しい表現方法がいる。旧態依然では客に届かない。

    必要なのは、新しい音楽ではない。

    新しい方法だ。楽しめる方法。

     

    不思議な夢ばかり見る。

    こないだは女の子の大勢いる店の夢を見た。

     

    その店で、真昼間から酒を飲んだ。

    どの女の子が客で、どの子が店の子か分からない。

    取り合えず、僕はその店の馴染と云う設定だった。

     

    酒が効いて眠くなった。

    ソファーに寝転んだ。

    しばらく寝て起きると、まだその店にいた。

     

    僕はこれは夢だと薄々気付く。

    ーねえ、私の部屋に行きましょうー

    リーダー格の細身の女に誘われた。

     

    その店は迷路だった。

    女はガンガン歩いた。女の歩く先々に次々階段が現れた。

    僕と女は階段を上に上に上がる。

     

    ーこの店で働いている子は何人いるのー

    ーそうね、30人ぐらいかなー

     

    夢なら覚めて欲しかった。

    女と階段を上がってゆくだけの夢は面白くない。

    これは夢ではなく、現実だと思い始める。

    なぜなら、退屈な夢など、僕はこれまで見たことがなかっ

    た。

     

    昼間から夜までその店にいた。

    細身の女は何度も入れ替わった。

    ーあたしがいないとあなたは何も出来ないでしょうー

    それもそうだと思った。

     

    何も起きないまま夢は終わった。

     

    夢の方がリアルで、現実は幻想化している。

    歳を取るとそうなると誰かが云ってた。

    楽しいような、鬱陶しいような。

    でもこの夢、なんの暗示かなー。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

             

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 17:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955843