RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 夢の中で受けまくったぞ! | main | あったかいぞ! >>
母はコタツで丸くなる
0

    2月14日   曇り   起床5時

     

    朝食     玉子巻き

           りんご・ヨーグルト

           青汁

     

    今日は寒い。

    それでも、午前6時には机に向かい、イーグルスを流し

    ながら、芥川賞受賞作「ニムロッド」を読んだ。

     

    作者の上田岳弘さんも朝型。

    毎朝、午前5時から7時まで執筆し、それから出勤したと

    か。朝の早よからよく小説書けるなー。

     

    物語のキーとなるビットコインに関して全く無知なので、

    余剰のサーバーにビットコインを採掘させる等の話は、理

    解できないまま読み進んだ。

     

    まあ、良く分からなかった。

    作者がなぜこの物語を書いたのか、なぜそれほどに終末的

    なのかも、僕にはピンと来なかった。

    世代が違うからか。「ニムロッド」はすぐに読了。

     

    ギターを弾きながら課題曲「ホテル・カリフォルニア」と

    「デスペラード」を歌う。

     

    彼らの作曲は、典型的なロックバンド方式。

    循環するコード進行をまず作る。そして、その循環が生み

    出すリズムに沿ってメロを決めてゆく。

     

    メロディをイチから作る日本のポップスのやり方とは違う。

    メロディから作ると、旋律の上下がどうしても激しくなる。

    メロが上がったかと思うと下がる。

     

    ヒップホップのメロは上がり下がりしない。

    リズムとグルーブをメインに作るとそうなる。

    もちろんロック然り。

     

    「ジョニー・B・グッド」は、ほとんど上がり下がりしない。

    ロックはこう云う曲を手本として発展した。

     

    敢えて言えば、昨今の日本の小説や、日本のミステリは、筋

    書きに重きが置かれ過ぎている。僕はそう思う。

     

    「コード感」「グルーブ」「リズム」

    ーこの三味が一体となり、そこから筋書きが生まれるー

     

    ロックの作り方と、小説の書き方は同じだと思うのだが。

    間違ってたら御免なさいだけど。

     

    梶井基次郎の「檸檬」が売り上げトップの本屋があった。

    昔の小説家はなぜかリズムがいい。

    明治の作家も、大正・昭和の作家も。

     

    樋口一葉然り。見事に読みやすい。

    僕は織田作之助の「夫婦善哉」が好きだ。

    あの読ませ方は凄い。一気に読んだ。

     

    コード感=時代性、リズム=情熱、グルーブ=個性

     

    くれぐれもよろしく。

     

    来週から少しは暖かくなるらしい。

    今ひと時の我慢だ。

    春までは103キロで行く。

    太れば脂肪も付くが筋肉も付く。

    下手に痩せれば筋肉から落ちる。

    さあさ、勉強!勉強!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955844