RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 母はコタツで丸くなる | main | 痩せすぎは不幸の前兆 >>
あったかいぞ!
0

    2月16日   小雨   起床7時

     

    朝食    玉子巻き

          白菜の肉炒め

          青汁

     

    昨日は昼間に金沢に行った。

    「7番ターミナルバス乗り場」は長蛇の列。

    ここからは兼六園と東茶屋街行きのバスが出る。

     

    客のほとんどは橋場町で降りた。

    ここは東茶屋街に近い。

    残りの客は兼六園下で。

     

    日本人のカップルが多かった。

    中国人は専用バスで集団行動をとるらしい。

     

    カップルの女の子は皆おとなしそうだった。

    彼女たちはスマホを食い入るように見ている。

    男の方はと云えば、「まあ、仕方ないなー」てな感じ

    で、女の子の云うがままに従ってる。

     

    僕は小立野バス停で降り、金沢美術工芸大学を目指した。

    なんせ50年近く前の記憶しかない。それでも道順とか風

    景は覚えているだろうと思っていたが、記憶は全く戻らな

    かった。

     

    「なんも覚えとらん。寂しいもんやなー」

    暗い気持ちになった。僕は事務局に在学証明書の発行を依

    頼し、後日、取りに来ることにして母校を後にした。

     

    金沢駅から電車に乗り空を眺めた。

    刷毛でサッと掃いたような雲が幾重にも重なっている。

    どの雲も色が淡い。水色、灰色、薄い青色。

     

    50年前も眺めただろう。

    なんて少し感傷的になる。

    車内は高校生ばかり。なのに驚くほど静かだ。

     

    予定を変更して「えびすや」へ。

     

    「昨日こられれば千春からチョコもらえたのに」

    大将が笑う。隣の常連S氏は「わしはもらったぞ!」これ

    また笑う。

     

    「一日遅れただけやないか、千春チャン!」

    「残念、昨日はバレンタイン。今日は違う日」

    スネまくって千春ちゃんの反応をうかがう。

    「今日はナ・シ」

     

    日本酒を注文する。

     

    「忠平さん、はいコップ」

    カウンターに置かれたコップを手に取る。

    千春ちゃんが微笑みながら酒を注いでくれる。

     

    「嗚呼、その笑顔で大満足や!」

    「うふふふ」

    下町の太陽が春の光を僕にくれた。

    燗酒が口中にパーと広がる。

    あったかーい。

     

    この二日間で出会った人の中に二人いた。

    早朝に仕事する人が。

     

    ひとりは朝5時に会社に出勤し、誰もいない会社で5時か

    ら8時まで仕事をすると云った。

     

    もうひとりは会社経営者。

    彼もまた5時には机に向かい、その日の段取りを考えると

    云う。「そうしないと必ずトラブる」とか。

     

    朝の静けさの中で物事を考えるのは、小説家だけではなさ

    そうだ。

     

    早め早めに手を打てば、色んな事が出来る。

    そうしなくてはいけない歳になったか。

    少しピリッとしてみよう。

    面白いかも知れないぞ。

    なんてね、僕はまだ若い。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955845