RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< あったかいぞ! | main | 春来たるらし福井・足羽川 >>
痩せすぎは不幸の前兆
0

    2月21日   曇り   起床6時

     

    朝食    チャーハン

          玉子巻き

          青菜のおつゆ

          青汁

     

    このところ、暇そうに見えて忙しかった。

      

      ・バンドマンとの会食

      ・病院へお見舞い

      ・金沢美大在学証明書の申し込みと受け取り

      ・ハロー・ワークで労災保険加入申請

      ・確定申告の領収書整理

     

    今月はこれらが一挙に押し寄せた。

    世間の人にとっては普通なんだろうが。

     

    競輪場に行く時間がなくなった。

    その代わり酒を多く飲むようになった。

    まあ、しょうがない。

     

    NHK大河「いだてん」を楽しみにしていたが、どうも

    パットしない。

     

    中村勘九郎は頑張っているけど、顔も体もあまりに貧相。

    おまけに誰彼と奇声を上げるので、年寄りとしては心臓

    に悪い。話の筋も見えなくなったので、今回の大河は諦

    めた。

     

    それに比べると、NHK朝の小説「まんぷく」はそこそこ

    面白い。長谷川博己はよく主人公を喰ってしまうが、今

    回は相手が安藤サクラ。不足はないだろう。

     

    この二人だけでも面白い。

    「私がテレビに出てもいいのよ」

    毎回のおばあちゃんのセリフが笑わせる。

    演出の余裕なのか、台本が良く出来てるのか。

     

    ーもうこれで、雪は降らんやろー

     

    「えびすや」で誰かが云った。

    みんな去年の豪雪が忘れられない。

    これで雪が終わりなら本当に目出度い。

     

    この寒い冬を母親はよく耐えた。

    90歳の体にはこたえたと思う。

    寒い夜半に、母は何度もトイレに起きる。

     

    年々、出来ない事が増えた。

    重いものが持てなくなった。

    それでも気力を振り絞る。

    戦前・戦中派には勝てない。頭が下がる。

     

    ー自分がデブなのは脇に置いてー

     

    昨今の若者たちのスーツ姿には辟易する。

    ヒョロヒョロの細身で、尚且つ、上着のボタンを留め、

    自身のウエストの細さを強調する。

     

    男のアナウンサーは100%そうしている。

     

    梅沢富雄が痩せて良くなったとは全く思わない。

    ライザップが悪いとは云わないが、年寄りが痩せて良いこ

    とはひとつもない。顔が一挙に老ける。

     

    ショーン・コネリーは007に出演するまで、スーツを着

    た事がなかった。彼は監督から命令され、普段からスーツ

    を着用し、着こなしを学んだらしい。

     

    当時の英国で、若者がスーツを着る機会は滅多になかった

    。もしスーツで人前に出るなら、それ相応のマナーと着こ

    なしを学ばなければいけなかった。

     

    日本のテレビでは、ピリピリに痩せた男達がピッチリのス

    ーツを着て、貧相な姿で出て来る。

    異常だ!

     

    いや、これは病気だ。

    こんなことしてると、必ず不景気になる。

    そう、これは不景気の前兆に違いない。

     

    なんかさ、抑圧されてんじゃないの。

    痩せりゃいいってもんじゃないでしょう。

    細い三角形の顔ばっかじゃないの。

     

    不吉だよなー。

    福々しいのが一番でっせ!

    丸顔の、笑ったような顔が、幸福を招くんじゃないの。

    デブの単なるタワゴトですかね?

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955846