RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 痩せすぎは不幸の前兆 | main | 早よ、デジタルの次を発明してや! >>
春来たるらし福井・足羽川
0

    2月23日   晴れ   起床6時

     

    朝食    玉子巻き

          クキダチと椎茸の吸い物

          大根とこんにゃくの煮物

          青汁

     

    天気はいいが風はかなり冷たい。

    自転車でマッツへ。

     

    昨日は久しぶりに福井競輪場。

    場内は前よりずっと暖かい。

    まあ、暖かいとは云ってもダウンは必要。

     

    着いてすぐ、駅のマーケットで買った「のり弁当」を食

    べた。モニターは第二レースの実況。

     

    福井の弁当は石川の弁当より安いし、量は1・5倍ある。

    よって感触としては、喰っても喰っても減らない。

    デブにとってこれほどうれしいことは無い。

     

    あまりの充実に競輪したくなくなる。

    なんてね、そんなこたぁーないか。

     

    予想を買いに行くと予想屋が暗い顔をしている。

    「一レースも、ニレースも、3着が狂って万車やからの」

    この語尾の「からの」が典型的福井弁。

    福井弁では語尾に必ず「の」が付く。

     

    この「の」のせいで、福井弁は広島弁や博多弁に似て聴こ

    える。西日本勢は「○○やーけーのー」だが、福井は多少

    違う。「のー」ではなく「の」。

     

    第五レース。

    予想屋の嘆きがここでいきるか。

    本線は9−1。これでびくともしない。

    でも、3着が分からない。

    因みに連単は160円。石より硬い鉄板。

     

    予想屋は9−1−6、9−1−3と予想。

    両方とも千円台で配当は安い。

    僕は新聞を何度も見返した。

     

    このレースの先行は大本命の9番。これは力が違う。

    その番手が1番。1番は9番のスピードを思い切りもらえ

    る。だから9−1でバカ売れしてる。

    でも新聞をよく見ると、先行がもう一人いる。

     

    8番の一ノ瀬だ。尚且つ、一ノ瀬は前日一着。

    一ノ瀬は9番の格清には及ばないが、一ノ瀬の番手に着く

    4番十文字菊雄は、たっぷりスピードをもらえる。

     

    「これだ!」

    僕は9−1−4で勝負。連単は9−4を買った。

    9−1−4は50倍あたりをウロウロしていた。

    4番は全く売れてない。

     

    ゴール前、予想どうり9−1で来た。

    その後ろに4番と3番がいる。

    9−1に続き、4番と3番はほとんど同時に入線。

     

    「うぉー!」

    声が出た。でも分からない。

    4番はイン寄りで入線し、3番はど真ん中から突っ

    込んだ。

     

    僕は隣の知らないオヤジに訊いた。

    「3着はどうですかね」

    オヤジはあっさり答えた。

    「3着は4番やの」

    「4番ですかね、それならいいけど」

    「間違いないわ、4番やの」

     

    結果発表。

    3連単は9−1−4。配当 4千6百5十円。

    いやー、うれしかった。

    展開予想がぴったり当たるなんて滅多にないから。

     

    ここで深入りして何度もエライ目にあってる。

    僕は9レース目で福井競輪場を後にした。

     

    先日、一緒にウォーキングしていたご近所のYおばさん

    から電話があった。

    「忠平さん!あたし手術して歩けるようになってん!」

    Yおばさんは股関節が不調になり、歩くどころか動けな

    かった。

     

    「そんで忠平さん!また一緒に歩かんけ!」

    この申し出は願ってもない。

    「歩きましょう!ご一緒します!」

     

    3月1日からウォーキング再開となった。

    いいねー、ほんと、いいよねー。

    女の人に誘われるって、うれしーい。

    そんな訳で今日はここまで。

    春は近いぞ。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 12:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955847