RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 春来たるらし福井・足羽川 | main | 僕は典型的な日本人かも >>
早よ、デジタルの次を発明してや!
0

    2月24日   晴れ   起床5時15分

     

    朝食    クキダチと白菜のお汁

          納豆

          玉子巻き

          青汁

     

    今日は天気良いのに寒い。

    曇りの方が暖かいと云うアレかな。

    自転車でマッツへ。

     

    平成はもうすぐ終わる。

    僕にとって平成の象徴は「禁煙」だった。

    ー煙草は体に悪いからやめましょうー

    なんかね、そんな時代やね。

     

    うがった見方とは思うが、禁煙で世の中が余計に殺伐とし

    たように思う。

    ー取り合えず煙草はやめましょうー

    平成の合言葉はこれでしょう。

     

    昨今、飛行機の操縦士や副操縦士、ベテラン・アテンダン

    トの飲酒が問題になってる。

    何百人の乗客の命を預かる彼らが、飲酒に走るのは至極当

    然なことで、「飲まなきゃやってられない」と思う。

     

    それと同じく、「吸わなきゃやってられない仕事」は幾ら

    でもある。いや、一昔前は、日本でも米国でも、ほとんど

    の大人は煙草を吸っていた。

     

    ストレスが万病の元と云いながら、ストレスが溜まりまくる

    世の中にしている。

    おまけにデジタル化やから、生身の人間は全身ストレスだら

    けで生きて行かねばいけない。

     

    ー排気ガスの代わりに、煙草の煙を健康の敵にさせる作戦ー

     

    まあ、これは、70年代から云われている訳で。

    原発廃止論者が、決して排気ガスに触れないのも、この作

    戦が功を奏している。

     

    これだけ世の中に癌が増殖しても、原因は排気ガスではな

    く、煙草だと云えるかな?云えないよね。

    そう云いながら、僕は煙草をやめた訳で。

     

    僕は心臓の医者にこう云われた。

    「これから煙草を吸うと、今飲んでる薬のせいで、体内に

     固形物が出来ます」

     

    「固形物?」

    この一言がグッサリ来て、煙草を吸う気がふっ飛んだ。

    「得体の知れない固形物」に、僕は負けた。

     

    そんなことは置いといて。

     

    今度は「暴力はいけない」と来た。

    親が子を殴ってはいけない。学校の教師は当然。

    スポーツクラブのコーチや監督も。

     

    本当にそれでいいの?

    これもなんか、気持ち悪いなー。

     

    煙草やめてストレス地獄になり、暴力排除で今度は確実に

    人間関係崩壊になるな。

     

    煙草がいけないなら、それに代わる何かを推奨するか、

    ストレス失くすものを発明せいや!

    暴力排除なら、徹底的な道徳教育が必要!

     

    片一方で道徳教育を否定してるこの国では無理や。

    悪い方へ、悪い方へ向かってるぞ。

    スパッと割り切れんて。

    そやろ!人間関係は微妙なんやから。

     

    レコードがCDに代わってから、ナーンもエエことない。

    デジタルは気をつけんと。

    デジタルに使われるようになったら終わり。

    「便利」は、ほどほどにしとかんとな。

    あたま、パーになりますわ。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 10:36 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
    お酒はよくてタバコはアカン。
    喫煙で殴り合いになった事なんて聞いたことないですけどね〜。
    大阪から金沢についてほっと一息つけるのは駅にあるアルゴ。
    でも喫煙席を少ないほうにしたので結構待つ!
    | arison | 2019/02/25 9:56 AM |










    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955848