RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 早よ、デジタルの次を発明してや! | main | あれ、弁当がない! >>
僕は典型的な日本人かも
0

    2月28日   小雨   起床6時

     

    朝食    玉子巻き

          チョリソ

          トースト

          牛乳

     

    2月は今日で終わりか。

    早いなー。

     

    ロス市警のボッシュ刑事は、事件解明に置いて、テンポを

    重視する。トントンと進んでるときには、時間が掛かりそ

    うな捜査をわざと後回しにする。

     

    そして事件が、ここ一発で解決すると思う時には、自身の

    勘に従う。化学もデーターもヘッタクレもない、自分自身

    の勘を信じ切る。

     

    作者のマイクル・コナリーは米国保守だ。

    彼の書くボッシュ・シリーズは地味だが、人気は高い。

    その理由が少しづつ分かって来た。

     

    最後は勘で動く。

    サラリーマンも、大統領も、ロック・ミュージシャンも。

    勘が外れたらそれっきり。それでも自分の勘を信じる。

    これはアメリカ人の特徴のひとつだと思う。

     

    北朝鮮の国営放送を観れば、かの国が情に訴える国だと子

    供でも分かる。韓国も同じだろう。

    そんな国の事情は、日本人に理解できるはずがない。

    根本が違うんだから。

     

    いや、隣町の事情についても同じことが云える。

    山を一つ越えたり、谷をひとつ渡っただけで、人間は違っ

    てしまう。

     

    「そう考えるのが保守の典型ですよね」

    なのかも知れないが。

    でも、国が違えば、考え方は相当に違う。

    このことを無視して、「話し合えば分かり合える」なんて

    軽々しく云わない方が良い。

     

    毎日、イーグルスを聴いている。

    詞を読んだ感想を云えば、「ホテル・カリフォルニア」の

    詞が一番分かりやすい。


    同時代の者同士だからこそかも知れない。

    でも、日常の出来事や、女に関する詞は、ほとんどが耳

    をただ通過してしまう。

     

    ー人間は同じなのだー

     

    ずっとそう教えられてきた。

    学生の頃に読んだ鈴木大拙の本にもそう書いてあった。

    でも、それは間違いだった。

     

    「ソ連の首相と米国の大統領が、一対一で話し合えばす

     ぐに分かり合えます」

     

    大拙のこの考え方に、18歳の僕は、大いに同調し、或

    る時は大いに反発した。

     

    ー人間は同じではないー

     

    だから面白いし、期待がある。

    どっちにしても、ゼロか気、なんて物の見方は危ない。

     

    とても重要なことなので、クドクド書いた。

    保守へ向かう「最初の一滴」だった。

    団塊の世代を少し外れて生まれたが為に、僕は学生運動や

    左翼活動を逃れた。

     

    或る意味特異な世代だ。

    ひょっとしたら、戦後の日本人が、初めて自由を甘受した

    時代に育ったのかもしれない。

    或いは、戦前まで続いた、僕は典型的な日本人なのか?

    どうもそんな気がする。もしそうなら楽しいのになー。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 12:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955849