RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 僕は典型的な日本人かも | main | たまにはハイに! >>
あれ、弁当がない!
0

    3月7日   曇り   起床5時半

     

    朝食    クキダチのお汁

          玉ねぎと焼き豚炒め

          玉子巻き

     

    3月の頭は予定がいくつも重なり、葬儀や親戚の法事に

    出れなかった。2月から3月にかけて急に、知り合いが

    この世を去った。

     

    この間に起きたトピックスは、熱海の新幹線ホームに、

    買ったばかりの弁当を置き忘れた事。

     

    これは無念だった。

    僕が乗ったのは「こだま号」で、車内販売がない。

    自分の運のなさにガックリきた。

     

    ホームに弁当を置き忘れたのはこれが二度目。

    一度目も熱海の新幹線ホームだった。

     

    だいたいが、手提げかばんの他に、ビニール袋を3個

    ぶら下げたのがマズイ。

     

     一袋目は稲取駅の売店で買った「産経新聞」と「水の

      ペットボトル」

     二袋目は「こゆるぎ弁当」

     三袋目は「ニューズウイーク日本版」と「報知新聞」

     

    これがいかんかったなー。

    新幹線が入ってくるまで、産経新聞を夢中になって読ん

    でいたからなー。

     

     ーニューズウイーク日本版ー

     

    産経で土曜日にコラムを書いてる花田氏がほめるから買っ

    たんだけど。

     

    タイトルは ー韓国ファクト・チェックー

     

    これがまた、どうでもいいことしか書いてない。

     

    ー米朝首脳会談はトランプの完敗ー

     (本誌コラムニスト・元CIA工作員)

     

    肩書の元CIA工作員は気味悪いが、彼は概ね、ジョンウ

    ンを持ち上げ、トランプを無能呼ばわりする、ごく普通

    の人。

     

    加えて、安倍首相のゴルフ同伴やノーベル賞推薦は、何の

    効果もなかったとか、いらん事を書いてる。

     

    最後になって。

    −アメリカと韓国と日本の国民も今回の経験を経て、少し

     は賢くなったかもしれないー

    なんて、トンチンカンな言葉で、偉そうに結んでいる。

     

    ジョンウンが核を手放さないことは、日本人全員が確信し

    てる。今さら、クドクド云われる筋合いはない。

     

    さらに別の記事。

     −アメリカも抱く誤った韓国観ー

    これがまた、韓国ムン政権をベタ褒め。

    ムンは正義の味方で、かつ良心的だと決めてる。

    これ、相当に奇妙な記事だ。筆者はネーサン・バクとか。

     

    あのさ、バクさんは韓国人か韓国系アメリカ人でしょうが。

    ームン政権への根拠のない警戒心ー

    どこからそんな発想がでてくるんかね。

     

    ー韓国にとって日本はすでに重要な貿易国ではないー

    だからボロクソに云っても良いにはならんよ。

    ームンは反日ではなく「日本放棄」に至ったー

    だから嘘をついてもいい訳じゃないからね。

     

    こんな雑誌に460円払って、こゆるぎ弁当950円を置

    き忘れた自分が悲しい。財津一郎もカナシッーイ!

    花田さん!なんか勘違いしてませんか?

    それとも僕のおつむが弱いんでしょうか?

     

    食い物の恨みは深い。

    僕は静岡かどこかの駅のホームを走り、弁当を一個ゲット

    した。

     

    ーアジ弁当1000円ー

     

    仕方ない。アジだろうがナンだろうが腹減ってる。

     

    アジ弁当は米原に着いた頃にはきれいに消化され、僕は空

    腹を満たすため、ミックス・サンドイッチを買った。

     

    サンドイッチを一個つまむ度に「こゆるぎ弁当」を想う。

    なぜ俺は熱海のホームで荷物を確認しなかったのか!

    もひとつつまんで、ホーヤレホー。
    もひとつつまんだら、なくなった。

     

    スティーブ・バノンは一昨日のテレビで云った。

     

    ー北の問題は、大きく見れば、その原因は中国です。

     日本と米国と韓国はガッチリ手を結んで、それを分断

     に来る中国に、しっかり向き合わねばいけませんー

     

    正しい見方だと思う。

    日本も米国も、韓国を敵に渡すわけにはいかない。

    今も、トランプにはバノンがついてる。

    米国は中国を好きにさせない。

    トランプの方向は、決して間違ってはいない。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955850