RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< あれ、弁当がない! | main | さて、ピンクに染まったんかな。 >>
たまにはハイに!
0

    3月9日   晴れ   起床5時

     

    朝食   玉子焼き

         焼き豚入り青菜汁

     

    またも糖質ダイエットを敢行している。

    加えて、本日よりウォーキングも開始。

    これで何とかなるやろ。

     

    ー「ニムロッド」に続いて、もう一つの芥川賞作品

     「1分34秒」ー

     

    こっちはボクシングの話。

    「ああそうなんだ」的な面白さはあったが、読むべきか

    と問われれば、「必要なし」と云うだろう。

     

    二作品ともに馴染のない世界を描いている。

    「知らない世界を知る」楽しみは誰にでもある。

    でも、その「知らない世界」が、読む側に通ずるかどう

    か、共感するかが問題。

     

    僕がヘミングウェイの虜になったのは、「武器よさらば」

    の最初の場面だ。

     

    イタリア軍に参戦した10代の主人公が、野営地のテント

    の中で、残り物のパスタを何人かでカッ込んでいる最中、

    直撃弾を受ける。あの場面だ。

     

    ーすべてがフワーと持ち上がったー

     

    パスタの皿を持つ者、でかいボールからパスタを取り分け

    てた者、正に喰っていた者、食い終わった者。

    それら兵隊全員が一瞬、空中に浮いた。

     

    そして次に、テントを支える柱や屋根や何やかやが、兵隊

    たちの上にドッシャーンと落ちた。

    即死した者、埋もれた者、無事だった者、大怪我をした者。

    コンマ何秒後に世界は一変した。

     

    主人公は両膝の上に巨大な柱が落下し、両膝共に骨折する。

    僕は兵隊に行ったことはないし、まして直撃弾を受けたこ

    とはない。受けたことはないが、受けたように思えた。

     

    「1分34秒」に戻る。

    ボクサーである主人公の心の葛藤や、苦しみや、混乱は読

    者には伝わらない。でも、殴られた痛みや、心臓のバクバ

    クや、拳に受ける衝撃は伝わる。

     

    作家の描く「現代社会」ほどつまらないものはない。

    自分の身に降りかからないことは、実はどうでもいい。

    書くだけ損だ。

     

    若きヘミングウェイは実際にイタリア軍に参戦し、直撃弾

    を受け、実際に両膝を骨折し、その看護にあたった看護婦

    に本気で惚れた。

     

    この体験後、何年もしてからヘミングウェイは、「武器よ

    さらば」を執筆した。彼はじっくり話を熟成させ、組み立

    てなおし、世間に発表した。

     

    さて、糖質ダイエットだけど。

    外出時には喰うものがなくて難儀する。

    麺類、ご飯類、パスタ類、パン類。

    どれもこれも炭水化物ドッチャリだ。

     

    ー福井競輪場の食堂でー

     

    作り置きしてある「おかず」を目当てに行くと、メイン・

    ディシュは売り切れていた。

    僕はサイド・メニューの「鯖焼き&大根おろし」と、「ジ

    ャガイモの煮物」この二品で我慢することにした。

     

    一品260円。

    「おばちゃん、金払うわ、ご飯はいらんよ」

    「ご飯いらんのけ、ほなら二品で520円やの」

    おばちゃんは怪訝な顔をしている。

     

    「これ、漬けもんやで」

    「ありがと」

    「お茶は?飲むわの?」

    「飲む飲む」

     

    腹一杯喰って、おばちゃんにバッチリ金払いたいけど。

    なんて思いながら、セコク勝った訳で。

    腹が常に減ってるから勘が冴えた。

    僕はハイな状態。

     

    福井駅のセブンイレブンで低カロリー食品を買う。

    袋詰めの「アタリメ」。

    こいつをシャブリながら、窓の外の大地を眺める。

     

    向かいの座席に高校生のカップルが座った。

    女高生はなかなかの美人。男は神経質そうなニキビ面。

    男は僕を観察してる。と云うか、警戒してる。

     

    僕は無関心を装う。

    「景色よりお前の横にいる女に興味アリやで、ウヒヒ」

    時々はそんな目で男を見る。

     

    「イカの干物喰ってる変態オヤジめ!こっち向くな!」

    男子高校生は身を乗り出して女高生を隠す。

    僕は薄笑いを浮かべてイカの足をシャブる。

     

    財布の中の金を頭で数えた。

    何度も、何度も、何度も。

    春のように幸福が膨らんでゆく。

     

    ー幸福の直撃弾ー

    僕はフワーと空中に浮いた。

    右手にイカの足を一本持ったまま。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 15:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955851