RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 日本酒一本!オッケー! | main | 暴走したい! >>
歌うたいを捕まえるな!
0

    3月14日   晴れ   起床7時

     

    朝食    玉子巻き

          茹でキャベツ

          鳥胸肉ソテー

          りんご・ヨーグルト

     

    昨晩は「えびすや」。

    酒は日本酒3合に抑えた。

    肴は、刺身、カレイ塩焼き、おでん、酢の物、けっこう

    喰った。

     

    カウンターの常連は、韓国・北朝鮮の悪口を言いたくて

    うずうずしていた。でも、そんな話題は体に良くない。

    なんせ、この手の話題は皆大好きなので、酒量が上がりっ

    ぱなしになり、止められなくなる。

     

    誰かがスケベ話をしたので、僕もそれにのり、千春ちゃん

    にとっては、大セクハラ大会となった。

    まあ、笑っていたのでぎりぎりセーフ?

    スケベでごめんね。

     

    ピエール・瀧の逮捕について。

     

    日本は仏教国なので薬物はご法度。

    キリスト教の国は概ね寛容だと思う。

    売った奴より、買った奴がエライ目に会うのがしっくり

    こん。

     

    ザックリ云うと。

    作詞するミュージシャンは麻薬に頼りやすい。

    飛鳥さんもそうだった。

     

    プロのミュージシャンとして喰ってゆくなら、ソングライ

    ティングは主要な仕事となる。

    プロは作品を作り続けなければいけない。

     

    モーツァルトもジョン・レノンも麻薬に頼った。

    キース・リチャーズはヘロインがないとステージに上がれ

    なかったと、自伝に書いている。

     

    問題は供給側だ。

    供給している者を捕まえればいい訳で。

    もうひとつ。

    麻薬に手を出すのは特殊な人間ではない。

    ピエール・瀧はごく普通の人間だ。

    ここんとこ間違えないように。

     

    何故か中国について。

     

    なぜ中国は軍事費を日本の4倍、一説では6倍も使うのか。

    彼らは決して軍事費を減らさない。

     

    これもザックリいえば。

    世界征服以外に考えられない。

     

    では、今の中国と、ポーランド侵攻直前のナチスと、どこが

    違うのか?

     

    ー 中国はナチスなんじゃないの ー

    なんて、軽く云える自分が怖いけど。

     

    英国首相チェンバレンの二の舞は御免やから。

    ナチスに融和政策とって、大失敗したこと、みんな忘れた

    んかな。

     

    中国から日本を守る方法は?

     

    ひとつしかない。

     − 核武装 −

    それ以外に方法があるんなら教えて。

    国会議員の皆さん、答えありますか?

    有るようなふりはやめてね。

     

    そんなときに、コカイン吸うたミュージシャン捕まえる?

    なんか、少しづつ自分の本音出て来たな。

    俺、テクノは嫌いやけど、弱い者いじめはもっと嫌いや!

     

    国民を守る方法、手段を考えろや!

    代議士さんよ!

    米国信用したらアカンぞ!
    そんなんは小学生レベルや。

     

    加藤雅也かて「O・K!」云うて、3枚目で必死や!

    それをなんや!あまちゃんの寿司屋のオヤジ逮捕して。

    本音出たわ。「方向」が違うやろが方向が。

     

    ピエール・瀧云う男は知らんけど。

    無性に腹が立つ。

     

    今回の逮捕は、物凄く引っ掛かる。

    色んな場所で、一生懸命生きてきた奴やないんか。

    そんで基本は歌うたいや。

     

    テレビは違約金が数億とか騒いでいる。

    どうでもエエやないかそんなこと。

    お前らも弱い者いじめか。

     

    嗚呼、いじめ、いじめ、いじめ、いじめ、

    一億総いじめっ子。

    いじめんといかん奴はいじめんくせに。

     

    ーさいやんなー

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 12:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955854