RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 暴走したい! | main | マイ・リズム、マイ・ロケンロール >>
日本のロック。出番でっせ!
0

    3月17日   小雨   起床5時

     

    朝食    ほうれん草と水菜のお汁

          目玉焼き

          ソーセイジ

          りんご・ヨーグルト

     

    来週、再び小松のミュージシャン達と会食する。

    彼らがやりたいことをサポートするのが僕の役目。

    とは云っても、彼らは僕を気にしてる。

    僕は「わがままなジジイ」らしい。

     

    さて。

     

    ー有史以来、この国において、コカインを服用して人を殺

    した者が何人いるのかー

    ー同じく有史以来、大麻を吸い、殺人や強盗を犯した者が

    何人いるのかー

     

    僕は正確な答えを知らないが、思うに、両方ともゼロだ

    ろう。では酒に酔って人を殺した者は何人いるか?

    それはもう有史以来、相当数いる。

     

    金銭授受以外、他人に何の迷惑もかけない麻薬服用者を、

    なぜこれほどまでに、社会的に抹殺するのか?

    被害の実態のないものを、何故「悪」と決めつけるのか。

    これを理不尽だと思うのはおかしいのか。

     

    ーついでにー

     

    男は歳を取ると体の自由が利かなくなる。

    70過ぎた男は、ギャンブル依存症か、アル中になるしか

    楽しみはない。

     

    ー他に有れば良いがー

     

    盆栽が好きとか、映画が好きとか、本が好きだとか。

    何かあればいいが。でもほとんどの男達はギャンブルした

    いし、酒を飲みたいし、女に溺れたい。

     

    年金で暮らす年寄りにとって、一番大事なのは、博打の控

    除率を下げること。酒税を安くすること。そして大麻の解

    禁。

     

    この国は、ひとレースやるごとに寺銭を2割5分持ってゆ

    く。ひとレースの売り上げが1000万だったら、すぐに

    250万を税金として差っ引き、残りの750万を我々に

    戻す。

     

    これをいち日に11回か12回繰り返す。

    結局、ほとんどの金は国庫に入り、我々のほとんどはスカ

    ンピンとなり、うなだれて負け街道を歩くことになる。

     

    ー厚生省は財務省と戦うべきだ、本当はー

     

    「こんなんでは安心して年寄りに成れないじゃないか!」

     

    大衆の味方共産党や、働く者の味方公明党、組合を後ろ盾

    にした立憲民主や国民民主は、「控除率を下げろ!」と政

    府を攻めるのが、本筋中の本筋だ。

     

    野党はピントずれてるから何もしない。

    自民党左派もズレまくってるから理解すら出来ない。

    もしロック系保守党なるものがあれば、きっと年寄りを守

    るのになー。

     

    いちロック系保守として、宣言しようじゃないか。

     

    ロックは戦う。

    ロックはきれいごとは歌わない。

    ロックは既成概念と徹底的に戦い、これを潰す。

    ロックは控除率を下げる。

    ロックは酒を安くする。

    ロックは大麻公社設立を党是とする。

     

    一日でも長く競輪したい。

    一日でも多く「えびすや」で飲みたい。

    一日も休みなく「月光亭」に通いたい。

     

    年寄りの願いとはこんなものだ。

    おとなしいものじゃないか。

    かわいらしくすらある。

     

    代議士どもは競輪場にも公営競馬場にも行かない。

    彼らは高い歳費と給付金たんまりもらって、けっこうな

    宿舎に住んで、週末はタダでJR乗り放題。

    頭ボケるわなー。

     

    お前らな、贅沢過ぎる。

    豊かさをはき違えてないか?

    豊かさとは何だ!答えられんだろう。

     

    豊かさとは、明日のことや。

    嗚呼、明日も競輪出来るぞ、って。

    そう思うのが豊かってことや。

    変わりのない明日や。

    それを年寄りは願うんや。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 16:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955856