RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 日本のロック。出番でっせ! | main | 6名のロック者 >>
マイ・リズム、マイ・ロケンロール
0

    3月21日   曇り   起床6時半

     

    朝食    小松菜入り粕汁

          ベーコン・青菜炒め

          ご飯少々

     

    昨晩はオバチャンお二人とウォーキング。

    前より距離は短くしたが汗びっしょり。

    ウォーキング後はシャワーを浴びた。

     

    今朝目覚めると体が軽い。

    腹も少し引っ込んだか。

     

    朝、ウォーキング時に使用した下着とシャツを洗濯。

    着替え用の棚に、新しいT−シャツを5枚、靴下を3足

    補充。なかなか良いリズムじゃないか。

     

    今年から、1日の克明な日記をつけている。

    それを見ると、やはり朝食後から午前10時までの時間

    を無駄にしている。

     

    僕の朝食はだいたい午前6時には終わる。

    なのに8時の「まんぷく」を観る。

    これでは一番頭の冴えてる時間を無駄にしている。

     

    大事なのは僕のリズム。

    なのに、NHKのリズムに合わせている。

    これはいかん。これじゃNHKの奴隷だ。

    なんてね。

     

    気になるのはもうひとつ。

    僕は作家佐伯泰英氏の「月間日記」を真似ているが、氏

    は一日二食しか食べない。

     

    ー体重103キロの男が一日二食にしたらー

     

    U−チューブの投稿画像のタイトルみたいだ。

    一度母親に「一日二食」をほのめかした。母は大賛成だと

    云った。けどなー。

    一日二食は、氏の根幹をなすリズムだ。

     

    65歳を超えても、気持は若い頃と変わらない。

    でも、何かを変えないと、尻すぼみになるのは確実。

     

    ローウェル・ジョージは、

    ー トェンティ・ミリオン・シングス・トゥ・ドゥ −

    と、歌ったけど。

     

    僕は山口富士夫の、「ひとつだけ」がいい。

     

    ー すべてを 愛することは出来ない

      だけど ひとつだけ 愛せる ー

     

     

    内田裕也さん逝く。

     

    崔洋一監督が裕也さんを偲んだ。

    「彼は内面に多くの矛盾を抱えていたんですね」

     

    えーーっと、矛盾を抱えてない人間っていないでしょう。

    回りくどい云い方ではなく、「裕也さんは出鱈目でした」

    で、いいんじゃないの。

     

    彼の妻、樹木希林さんは裕也さんの存在を上手く使った。

    僕はあくまでも裕也さんの側から見てるけど。

    裕也さんにとって樹木希林さんは、まあ世間では、出来た

    嫁さんで良かったね、だけど、僕はそう思わない。

     

    裕也さんは金で苦労した。

    ここらあたりがテレビの報道ではズッポリ抜けてる。

     

    彼の妻は、昔から「不動産の天才」と云われた。

    「かなりな財産を若い頃から持ってますよ」

    これが業界の定説だった。

     

    それはそれで、彼女の才覚でいいんだけど。

    ならば何故、裕也さんはそんな金持ちの女と別れたがった

    のだろう、との疑問が浮かぶ。

     

    マスメディアは、妻が金持ちだから旦那は楽だったと思い

    込んでいる。僕は樹木希林と云う女は、そんなに甘い女と

    は思わない。

     

    以上は僕の勝手な思い込みなのでヨロシク。

     

    裕也さんは、文章がうまかったし、役者としてもプロデュ

    ーサーとしても独特のものを持っていた。

    敢えて云うが、女優と裕也さんを一緒くたにして欲しくな

    い。

     

    彼女は文学座か俳優座を出たまともな役者だ。

    裕也さんはそうじゃない。

     

    「君たちは、何と云うか、はっぴいえんど派かな?」

    裕也さんに問われたときに「ストーンズ派です」と答え

    た。これは前に書いた。

     

    僕は「はっぴいえんど」の影響は多大に受けた。

    でも「はっぴいえんど派」ではない。

    「はっぴいえんど」なるものは、今も良く分からない。

     

    裕也さんの尻を拭いたと云う人間は大勢いる。

    かと云って、それを悔いてる者はいない。

    最低最悪の男と云われたが、僕はそう思わない。

     

    ー我々人間は出鱈目です。そこんとこ、ヨロシク!ー

     

    松本隆とは違う。

    どっちが良いかって?

    その答えはこれからだ。

    もう少し、ロックの河に小舟を浮かべて、揺られてみま

    すわ。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 12:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955857