RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< マイ・リズム、マイ・ロケンロール | main | 政治を政治家に任せて良いのか! >>
6名のロック者
0

    3月23日   晴れ   起床6時半

     

    昼食     カレーライス

           野菜のお汁

           ラッキョウ

     

    昨晩は内輪の会食。

    「ロックで創るカッコいい小松」

    これをメインテーマに総勢6名が集結した。

     

    その会合で僕は持論を披露した。

    詳しくは書かないが、「この国の形」をどう変えるか、

    の話をした。

     

    突拍子もないが。

    僕はそもそも、国会議員や役人達がこの国の進路を決めて

    いることに、大いに疑問を持っている。

     

    何故なら、そんなことを考えていないと思われる人達が多

    く議員や役人をしていると思うからだ。

     

    国益には鈍感でも、派閥の利益や省益にだけはビンカン。

    そんな議員や役人があまりにも多い。

    問題は、国会議員を選ぶ公平なシステムがどこにもないこ

    とだ。

     

    知縁・血縁は当たり前で、ジバン・カンバンが物を云う。

    こんなアホらしい仕組みを、自民党は黙認し続けている。

    これが積み重なると、僕の様に、すべてぶっ壊せばいいと

    思う人間が現れる。

     

    昔、日本のフォーク・ミュージシャン達は概ね左翼だった

    。無自覚な人もそりゃいただろうが少数だ。

    彼らは彼らなりにこの国に対し物を云い、反抗し、結集

    したが、いかんせん、力を持たない野党を応援するにとど

    まった。

     

    今回集まった6名は保守であり、ロックを愛する者たちで

    あり、自民党支持者だ。でも誰一人、今の自民党に満足し

    ていない。

     

    5名は、若い頃は左翼的だった。

    左翼的思考だったと云えばいいのか。

    でも我々はいつの間にか保守になった。

     

    それは「ロックが好きだ」と云うことに関係している。

    僕は断言する。

     

    ー それはアメリカン・ロックのせいだ ー

    と。

     

    「小松はメイコン・ジョージアか?」


    昔、そんなタイトルの記事を書いた音楽ライターがいた。

     

    70年代、米国南部からオールマン、ウェット・ウイリー

    等が現れた。

    それに呼応するかのように、小松からT-バード、久保田麻

    琴とサンセット・ギャング、めんたんぴん、が現れた。

     

    ー めんたんぴんは東京デビューではない −

     

    僕たちは東京を経由せず活動した。

    京都のウエスト・ロード、村八分、サウス・トゥ・サウス

    、憂歌団、センチも同じ。

     

    70年代にデビューしたバンドは、ほぼすべて、地方から

    直接日本全国を回った。当時、東京出身のバンドはシュガ

    ー・ベイブ、カルメンマキ&オズぐらいだった。

     

    ー 日本のロックに関して云えば、地方が東京を完全に凌

      駕していた − 

     

    大阪や京都から出たバンドは、本物の黒人音楽を日本に広

    めた。ブルース、ソウル、リズム&ブルース。

     

    僕らは黒人音楽と、南部と、デッドを中心としたシスコの

    フリーキーなサウンドが好きだった。

    地方はアメリカン・ロック。東京はヘビーなブリティシュ

    ・ロック。そう云う風に、完全に分かれた。

     

    日本のロックは「皮パン派・東京」と「ジーンズ派・田舎」

    の戦いが連日続いた。でも、勝負はすでについていた。

    70年代と云う世相は、東京に味方しなかった。

    我々田舎者ジーンズ派に、日本中の若者たちは賛同した。

     

    でも、80年代に入り、東京は反撃を開始した。

    それは、ユーミンであり、山下達郎であり、YMO等の、ポ

    ップスお嬢ちゃん、ポップス坊や達だった。

     

    我々アメリカン派が滅ぼしたはずの、「ポップス」は再び

    息を吹き返した。多くの、音楽ビジネスに長けた優秀な裏

    方が現れ、あっと云う間に「東京中心」を創り上げた。

     

    えっらい長くなった。

    話は完全に「日本ロック史・70年代覇権の真実!」に流

    れたが。まあ、どうだっていい。

     

    何を話そうとしてこうなったかも、今は定かではない。

    取り敢えず、腹が減ったのでここまでにする。

    「田舎・地方・大阪」対「東京・一極独裁」の戦いは、

    果てしなく続く。

     

    若者達よ!我らに続け!

    決して、ポップス小僧や、皮パン派になってはいけない。

    ロックは、田舎者のポップスでもあることを忘れるな!

     

    それでは。

    私は、トンカツを買って家に帰る。

    そう、私はひさびさにカツ・カレーを喰いたい。

    その欲望で全身が震えている。

    ほんなら、また。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 16:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955858