RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 6名のロック者 | main | 反日をみんなでやれば怖くない >>
政治を政治家に任せて良いのか!
0

    3月24日    曇り   起床5時

     

    朝食     玉子巻き

           ソーセイジ

           白菜汁

     

    朝食後、やたらに眠い。

    思い切って風呂を沸かした。

     

    熱い湯舟に浸かっても、やっぱ眠い。

    風呂から出て、茶の間で眠る。

    母は病気じゃないかと心配した。

     

    昨日の産経に、小松を地盤とする佐々木紀(はじめ)衆院

    議員の発言が載った。(親戚ではない。彼の叔父は佐々木

    守氏。大脚本家)

     

    例の二階派に所属した細野議員と、民主党から自民党に移

    った鷲尾議員を、公認しないで欲しいとの意見だ。

    佐々木議員の発言に、岸田派の議員は賛同したが、二階派

    の議員は無視した。

     

    確か静岡5区だったと思うが、細野議員は2度自民党公認

    候補に勝っている。自民党には、続けて2度負けた候補は

    降ろす不文律があるらしい。

     

    佐々木議員の意見も、二階派議員の意見にも一理はある。

    でも、我々有権者の立場から見たら、佐々木議員の意見は

    派閥の論理そのものに見える。

     

    細野氏を好きだろうが嫌いだろうが、二度落ちた候補より

    、細野氏の方が、数倍政治力を持っている。

     

    もし、共産党から自民党に移った議員がいたとしたらどう

    だろう。自民党員は果たして「出て行け!」というだろう

    か?僕は云わないと思う。きっと、大歓迎するんじゃない

    か。

     

    「希望の党だし、民主党時は幹部だぜ」

    「自民党を攻めてた者を公認は出来ないよ」

     

    そんな意見は意味がない。セコイ。

    自民党的「純血」は意味がないどころか、世論を敵に回す

    可能性すらある。

     

    佐々木議員の意見は、自分を後継に選んだくれた、森喜朗

    元総理の持論そのものだ。

     

    「自民党が大変な時に、後ろ足で砂をかけて出て行った

     輩たちを信用できますか!」

     

    でもね、ここらあたりがね、元総理の限界と云うか、古臭

    さと云うか、気持は分かるけど、同調出来ないとこだ。

     

    僕は自民党の半分はいらないと思う。

    内閣の顔ぶれを見ても、旧民主党の若手・中堅の方が遥か

    にマシなような気がする。

     

    ー 要は、安倍晋三に頼り切った自民党は、安倍が首相

      を退いた途端、崩壊するかも −

     

    そう思えてならない。

    「自民党が」と云うより、「明治以来の議会制民主主義

     が」と、云った方が近いか。

     

    政治家や高級役人への不信が広がっている。

    役人はともかく、政治家が本当に国民の為に働いているの

    か疑わしい。この所ずっと、党利党略しか見えてこない。

     

    国民にとっての最大の不満は韓国問題だ。

    これほど無礼で屈辱的な発言に対し、国会議員が何も云わ

    ないのは、どう考えてもおかしい。

     

    誰か何か云いそうなもんだが、誰も何も云わない。

    そんな代議士はいらない。国民は全員そう思っている。

    それを佐々木紀君に云いたい。

     

    ー細野問題など、今はどうでもいいことだー

     

    「極右のいない自民党は自民党やないぞ」

    叔父の意見だけど。

    「ひよっこ議員は幾らいても役には立たん。

     非常時に働くんは命知らずの極右だけや」

     

    核心を突いてる。

     

    殺されるのが怖いなら代議士になるべきではない。

    ぴちぴちのスーツ姿で票をもらおうなんて思ってるなら、

    どうぞご退場を。

     

    底からひっくり返るような瞬間が来そうだ。

    明治維新に続く第二の維新が必要。

    垢だらけの殻を脱いで、新しくなりたい。

    生き残るために。そう、サバイバルの時代だ。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955859