RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 反日をみんなでやれば怖くない | main | えびすやの七人 >>
春は旅行ですよ、ウヒヒヒ。
0

    3月28日   晴れ   起床5時半

     

    朝食     雑炊

           ハム

           玉子巻き

     

    東京はソメイヨシノが満開とか。

    小松芦城公園にもボンボリが吊るされた。

     

    膝の悪い母は、梯川の土手に植えられた一本の

    桜が咲くのを、楽しみに待っている。

     

    韓国から石つぶてが、次々日本に投げ込まれる。

    韓国の極左政権はえらい好戦的だ。ムンさんは

    さすが元全共闘。

     

    たまには発言しろよな、

    ゴマンといる日本の元全共闘闘士達よ!

     

    「政治は政治家に任せていいんか!」と云ったら、

    「それはどういうこっちゃ」と質問を受けた。

     

    答えは簡単。

    米国大統領トランプは不動産屋だ。

    彼はまったく政治家の経験がない。

    でも大統領としてアレコレやってる。

     

    日本も大統領制にすればいい。

    自民党や野党を見ていてそう思う。

    今どきの国会議員じゃ政治は無理だ。

    彼らは何も出来ない。だから、何もしない。

     

    さて。一昨日だったかな。

    プライムニュースでの伊吹ぶんめいさん。

    彼は英国の学者エドムンド・バークの言葉を披露した。

     

      ー 国家とは

        かって生きた者と

        今生きてるものと

        これから生まれて来るであろう者との

        共同体である −

     

    バークは「保守」を確立した偉大な学者だ。

    うーん、僕もバークの本読んだけどなー。

    覚えてないなー。伊吹さん、偉いわ。

     

    輪島のS君から若干エロティックなお誘いがあった。

    一も二もなく快諾し、さ来週だか、輪島に行く。

     

    ホテルはS君が取ってくれる。

    僕は金沢から高速バスで輪島へ向かう。

    ウヒヒヒ。

     

    それで、さっそく金沢大和5階紳士服売り場を訪れた。

    キングサイズの店には、春用新作ジャケットがズラッと

    並んだ。

     

    「うーん、どれも、けっこうな値段やなー」

    なんて唸ってると、若い男の店員が登場。

    「これ新作でーす」

    白っぽいジャンパーを僕に薦めた。

     

    「この手は4着も、5着も、ここで買ってるから」

    「?〜〜〜?」

    「でも、新しいデザインはやっぱ、いいよなー」

    「?〜〜〜〜〜?」

     

    ジジイの口から「デザイン」出るとは思ってないか。

    それに、僕みたいに、けっこうな品数買う客は滅多に

    いないんじゃないの。

     

    今度は、紺の新作ジャケットを薦めた。

     

    「もらうわ」

    「えっ?」

    「買うから」

    「そ、そうですか、ありがとう御座いまーす」

    「キャッシュ・デスペンサーは何階だっけ?」

    「ハーイ!7階でーす」

     

    これで輪島に着てゆく服が決まった。

    でも、これぐらいで僕の買い物病は収まらない。

     

    「同じデザインでやな、白っぽいのはあるかな」

    「えっ、白ですか、すぐ探しまーす」

    「もし、あったら連絡してくれや」

    「ハ、ハイ、探して明日連絡しまーす」

     

    次の日。

    僕は昨日の大和での出来事をスッパリ忘れていた。

    朝から知らない番号が何度も着信してる。

    「誰かな?」

    なんて思って掛けてみた。

     

    「も、もしもし、大和の者ですが」

    嗚呼、そうやった、思い出した。

    若いあんちゃんや。

     

    あんちゃんは残念そうに言った。

    「八方手をつくして探したんですが、ありませんでした」

    「そうか、そうか、それは残念やな」

    「ハ、ハイ、すみませんでした」

     

    あんちゃんはシオレタ声だったが、僕としては病気が深ま

    らなくて良かった。ラッキー・シモノビッチ!

     

    それで、気になるでしょう「エロチックなこと」って。

    ウヒヒヒヒ、それは後日。

    そ、そんな訳で、これぐらいにしまーす。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 13:44 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
    能登は優しや・・・土までも 
    能登の〇〇〇は・・・深情け 
    中島どころか・・・夢枕にも 
    | 三日に一度ですけど | 2019/03/28 3:32 PM |










    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955861