RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 春は旅行ですよ、ウヒヒヒ。 | main | ロックはそもそも保守的だぜ >>
えびすやの七人
0

    3月30日   晴れ   起床5時

     

    朝食    ほうれん草と白菜のお汁

          玉子巻き

          りんご・ヨーグルト

     

    今朝は自転車で家を出発。

    途中、小松高校正門あたりからウグイスの声が

    聴こえる。

     

       ホ・ホ・ホー・ホケッキョウー

       ホー・ケキョ・ケキョ

     

    まだまだ修行が足りないがいい声だ。

    芦城公園に入ると、こんどは山鳩が鳴いた。

     

      ポー・ポー・ポー・タテッポッポー

     

    フクロウにも鳴いて欲しかったな。

    公園の桜の様子を観察。

    どの蕾もふくらんで開花寸前。

     

    ー今年も焼きまんじゅうを買おうー

    つまらんことしか頭に浮かばない。

     

    さてさて。

    某日「えびすや」での一幕。

     

    この日カウンターには常連が6名。

    そこに「選挙運動大好きオジサン」が加わり、総勢7名

    で、軽く政治の話をしていた。

     

    僕は隣のDさんと俳句の話、猫の話で盛り上がっていた。

    すでに日本酒は3本を空にし、4本目に突入。

    まあ、少し酔っていた。

     

    なんか、その場の雰囲気で、僕はかねてから一度は叫んで

    みたかった言葉を、カウンターの常連に向かって叫んだ。

        

       労働者階級の諸君!

       我々 労働者階級は 今の政治に不満がある!

     

    みな、「あれっ」と云う顔をした。

     

       もう政治家に 政治をして欲しくない!

     

    みな、「ぬ・ぬ・ぬ」と云う顔になった。

     

       トランプは不動産屋のオヤジだ。でもちゃんと

       政治をやっとるやないか!

     

    みな、納得した。

     

       韓国に対して、どの代議士が文句を云ったか?

       代議士たちは ひと言も発言せん!

       高い歳費に、党助成金もらって、あげくにJR

       は タダや!

     

    「そうや!なめとんのや!」誰かが叫んだ。

     

      百田さんや櫻井よしこさんは 命狙われても発言

      しとるのに、民間がこんだけ頑張ってるのに、国

      会議員どもは何もしない!

     

    「忠平さん、よういうた!」

    「その通りや」「あいつらは何もせん!」

     

    それから怒涛の不満爆発大会となった。

    僕はアジリ続けた。ネタはいくらでもある。

    このブログに書いたことを思いだせばいい。

     

    「こんな楽しい夜はなかったわ、おもしかったー」
    ひとりの男はしみじみそう云った。

     

    昨今の若者たちは政治の話をしないらしい。

    女の子の話より政治の方が百倍楽しいのに、アホやな。

    まあ、新聞も読まんようじゃ、話にならんけど。

     

    気持ち良かったなー

     

     ー 労働者階級の諸君! −

     

    フーテンの寅なら、

     

     ー 勤勉なる 労働者諸君! −

     

    と、なる。

     

    願わくば、次の時代に再びの維新を。

    そう思いながら「えびすや」を後にした。

    労働者階級に、希望有れ!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 12:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955862