RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< えびすやの七人 | main | 一瞬、レイラ???? >>
ロックはそもそも保守的だぜ
0

    3月31日   晴れ&雨&暴風   起床5時

     

    昼食     鳥胸肉・ソテー

           こんにゃくのおでん

           玉子巻き

           はべん

           お新香

           ご飯

     

    糖質ダイエットはやめた。

    と云うか、医者に止められた。

     

    「人間の脳は糖質でしか動きません。糖質を失くすと、

     特に大脳に影響がでます」

    「そうですか」

     

    「あなたの場合コレステロール値と血圧が非常に高い」

    「低カロリーのアタリメを毎日喰ってるせいです」

     

    「人間は腹が減ると、塩分の濃いものを食べて空腹を忘

     れようとします。それで喉も乾く。水を多く飲む。血

     圧がハネ上がります」

    「はい、上がってます」

     

    「ダイエットは、医師の管理無しでは危険です。

     ウォーキングをすすめます。それが一番です」

     

    ここまで理路整然と云われたら、そうするしかないわな。

     

    どうせ糖質ダイエット云うても、体重は変わらんのやし。

    今回も103キロ。それで、金曜の晩からバクバク好きな

    ものを喰ってる。ウヒヒヒ。

     

     ーモンテーニュとの対話ー

      BY 産経新聞

     

    ニュージーランド、クライストチャーチのモスクで起きた

    銃乱射テロの主犯格として逮捕された容疑者が、犯行に至

    ったきっかけについて書いてある。

     

    2017年、4月7日。

    スウェーデンの首都ストックホルムで起きた、ウズベキス

    タン人によるトラック・テロがきっかけになった。

     

    「私はもはや顔に冷笑を浮かべることも、暴力に背を向ける

     事もできなかった。その時は、何かが違った」

     

    「その違いとは、エッバ・オルケンドだ」

     

    エッバは耳に障害のある11歳の少女。

    学校を出て歩道を歩いていた彼女は、背後から襲ってきたト

    ラックに気付かず、はねられて亡くなった。

     

    「それを止めることができなかった自分の無力さが、巨大な

     ハンマーのように私の冷笑主義を打ち砕いた。もはや私は

     この攻撃を無視することができなくなった。これは私の民

     族、文化、信仰、魂への攻撃だった」

     

    イスラム・テロに対抗する白人テロが始まった。

     

    ーモンテーニュ第3巻「実利と誠実について」ー

     

    ー 我々の存在は、もろもろの病的特質で固められている。

     野心・嫉妬・そねみ・復讐・迷信・絶望なども、まったく

     それが自然にかなっているかのような顔で我々のうちに宿

     っている −

     

    もし、人間の病的特質を消してしまえば、人間は人間でなく

    なる。病的特質を抱えているからこそ、人間は発展した。

    この産経のコラムは、重い命題と、その解決方法を示唆して

    いる。

     

    ー 悪を殺せば膳も死ぬ −

     

    保守主義とは正に、「悪を殺せば膳も死ぬ」だ。

    先のコラムにも書かれていたが、もし解毒剤なるものがあっ

    て、人間の憎悪や嫉妬を体から流し去ってしまえば、人間は

    人間でなくなる。

     

    それとは逆に、もっと良くなると考えるのが、革新・進歩的

    な人達だろう。これが決定的な違いだ。

     

    でも、そんな違いをグダグダ云い合ってもしょうがない。

    その違いは、そっと胸に秘めるのが正しい。

    ヒケラカシタところで、何も変わらない。

     

    もっと内なる思想こそ磨くべきだ。

    なんて偉そうに思ってるけどね。

    それでは!

    ウヒヒヒ。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 17:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955863