RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< ロックはそもそも保守的だぜ | main | 父親は米国カントリー。 >>
一瞬、レイラ????
0

    4月3日   晴れ   起床6時半

     

    昼食    小松市役所地下の食堂

     

          豚肉のしぐれ焼き

          白身魚のフライ

          春雨サラダ

          味噌汁

          ご飯

           全部で 760円

     

    この頃、市役所の食堂はよく利用する。

    11時から12時の間は、誰もいないのでゆっくり

    できる。おまけに安い。

     

    糖質ダイエットはやめた。今は、好きなものをカポカ

    ポ喰ってる。なんと云ってもストレスがなくて良い。

     

    一昨日は夕食に、小松名物「アルバ」のカツ・カレーを

    喰った。死ぬほど旨かった。

    でも久々の脂に胃は負けて、夜じゅうノタウチ回ったが。

     

    そんで、知らぬ間に「令和」に年号が決まった。

     

    「レイワ」にするなら「レイラ」が良かったなー、なんて

    ね、憲兵に引っ張られるぞ,オイ!

     

    国民の7割以上が「良し!」とするなら、バッチリだ。

    こじんまりした印象で、僕にはもうひとつだけど。こんな

    もんでしょう。

     

    共産党の志位委員長は「西暦にするか年号にするか、国民

    が決めればいい」なんて、ヨタかましたけど。

    西暦はキリスト教の年号であり、イスラムは別の年号を使

    っているらしい。

     

    前に、日本の国連大使が「西暦を基準とする」と発言し、

    イスラム諸国から大ヒンシュク買った事件が、確か、あ

    った。

     

    やっぱさ、− 僕は昭和26年生まれです −

    これがイイよね。

     

    僕はまったく演劇に暗い。

    でも先日のNHKで放送した「大人計画」は眠るのを忘れ

    て観た。

     

    松尾スズキは面白い男だ。

    彼はバンドマンでバンド・リーダーだ。

    「大人計画」自体が、ひとつの大きなバンドに思えた。

     

    大人計画の内容とか、質とか、レベルとか、そんなもの

    に興味はない。出番前にアブに刺される男など見たこと

    がない。その出来事だけで、十分に面白い。

     

    調子に乗ってもうひとつ。

     

    何故ジャズに興味がないかが分かった。

    それは「音」だった。

     

    昨日か一昨日の朝のNHKラジオ。

    大阪でジャズ・レーベルを立ち上げた男の話。

    「僕が最初に聴いた曲を聴いてもらいましょう」

    彼はオスカー・ピーターソン・トリオをかけた。

     

    とても面白い話だった。

    大阪の下駄屋の息子が、ジャズ・レーベルを経営するに至っ

    た、スリリングで、心温まる話だった。

     

    僕の歳でジャズが好きと云う人は増えている。

    と云うか、今の大人は、歌のないインストルメンタルを好む

    傾向にある。

     

    敢えて云うが、そういう人はBGMが好きなんだと思う。

    65歳を超えて、油っこいロックはシンドイ。

    かと云ってポップスじゃアホっぽい。

    インテリ度合いをキープしながら、反体制の風に吹かれたい

    人には、正に、ジャズはぴったり。

     

    それで、オスカー・ピーターソンだけど。

    僕の心の針はピリッとも動かなかった。

    その時分かった。ジャズに興味が持てない理由が。

     

    まず。

    ピアノ自体の音に興味がない。

    ソロを取るサックスの音色にも興味がない。

    トランペットも、トロンボーンも同じ。

     

    そう。

    僕がこの世で好きなのはエレキの音だけ。

    それも、ジャズ・ギターのような、チョロチョロではな

    く、ひずんだ、オーバードライブの掛かったエレキ音。

     

    そして。

    ドラムスの音。スネア、バスドラ、タム、シンバル。

    もちろんエレキ・ベースは大好き。

    ボーカルは言うまでもないが。

     

    ジャズは僕のイマジネーションを刺激しない。

    もし、エレキなるものがこの世になかったら、僕は確実

    に、音楽に興味がなかった。

     

    歳を喰うと、こう云う、大事なことが少しづつ分かって

    来る。僕はスッキリした音は好きじゃない。濁って、猥

    雑で、くすんでる音が好きだ。

     

    いや、ガルシアの弾くマーティンの弦の響きはたまらな

    いもんがある。アコースティック・ギターも好きやなー。

     

    余分な肉はそぎ落としたい。

    いやね、肉体のことじゃないからね。

    松尾スズキのこだわりと、割り切りと、アキラメと、強

    情は、とても僕を刺激した。

     

    そしてアマチュアリズム。

    これ抜きに「大人計画」も「僕」も成立しない。

    プロは新しいことをやらない。

     

    僕がやりたいのは、単に新しいことではなく、やっておけ

    ば、後から来る人が増えるであろうこと。

    僕の年代で、やっておかねばいけない事は多い。

     

    日本のロックはまだまだ発展途上。

    もっと、もっと、色んな視点を持ち込まないと。

    そう、歴史認識がアヤフヤだと前には進めない。

     

    重要ですよ、歴史は。

    そこから学ぶしかないんだから。

    そうでしょう、令和君!

    よろしく頼むわ。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 14:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955864