RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 父親は米国カントリー。 | main | オールド・ロック・マンの思い >>
日本のブルース誕生前夜なり
0

    4月7日   曇り   起床6時半

     

    朝食   厚切りトースト

         卵巻き

         ポテトサラダ

     

    今日で芦城公園の桜は満開だろう。

     

    昨晩、ウォーキングで立ち寄ると、大勢の花見客で

    公園は一杯だった。

     

    家族連れが多かった。

    酒を飲んで騒ぐにはまだまだ寒い。

    誰かがギターを弾いて歌っていた。

     

    毎晩、同じような夢を見る。

    僕はたいがいコミューンで暮らしている。

    集団生活している訳で。

     

    集団生活に対する願望など、どこにもないけどね。

    不思議だ。本当は社会主義が好きなのか。

    いやいや、根がピッピーだから、多分、そうだ。

     

    英国のEUからの離脱は、わかる気がする。

    どうしようもない国ばかりで、EUは崩壊寸前だ。

    なのに、日本国内の専門家たちは、まあ、テレビで

    見る限り、英国の離脱は間違いだとの前提で発言し

    ている。

     

    英国がこのままEUにいて何か良いことがあるのか。

    何もない。なのに、離脱に反対の態度をとるのはどうし

    てなのか。さっぱりわからない。

     

    わからないことをもうひとつ。

     

    ピエール・瀧は見せしめの為に捕まった。

    昔、ミックやキイス、マリアンヌ・フェイスフル等が集

    団で逮捕されたとき、ザ・フーは彼らを救うためコンサ

    ートを開き、ストーンズの歌を歌い、これは警察による

    見せしめだと抗議した。

     

    これ60年代の話だから。

    日本は2019年でこれだから。

    変わらないにもほどがある。

     

    麻薬の元締めや組織を取り締まることが重要なのに、末端

    の使用者を捕まえて、社会的制裁を加えるのは、少しスジ

    が違う。

     

    売春なら、それをやらした者を捕まえればいいわけで、や

    らされた売春婦と、その客を逮捕することに、どれほどの

    意味があると云うのか。

     

    ピエールがコカインを服用し、人を殺したなら社会的制裁

    を加えても納得だが、ただ服用しただけで、人生を抹殺す

    る権利は誰にもない。

     

    売春はほったらかしで、薬となると目の色を変える。

    これはフェアじゃない。もし、麻薬がそれほど悪ならば、

    ビートルズとストーンズのCDも発売禁止にすべきだ。

    ついでにモーツァルトも。

     

    ミュージシャンをいたぶって気持ちがいいか!

     

    弱者ばかりを対象にしてさぞ満足か!

     

    明治維新で出来た法律をいまだに変えられないくせに。

    病気だぜニッポン!

     

    自分の国を自分で守らない国。

    偉そうにするなよ!

    いつまでもきれいごと云ってればいいさ。

     

    悪魔に魂売り渡そうか。

    徹底的に、悪になろうか。

    どうかな、反日左翼諸君!

    いっしょに、どうですか。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955866