RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< オールド・ロック・マンの思い | main | 軍事行動と詩集 >>
輪島・鴨が浦・異形な岩と、女
0

    4月15日   晴れ   起床6時半

     

    朝食    ウインナー・玉ねぎ炒め

          納豆

     

    12日、13日と、輪島に遊んだ。

    地元で歌を歌っているS君が誘ってくれた。

    「海女さんのいる店で飲んでみませんか」

     

    S君は「舳倉島の海女」の写真集を送って来た。

    事前に知識を入れといた方が良いとの判断だろう。

    S君は輪島の宝は海女だといった。

     

    素泊まりのペンションに荷物を置いて、僕等は夕刻、

    輪島の酒場に繰り出した。

    早い時刻からやってたおでん屋「登久」で生ビールを

    飲み、予約した居酒屋「山海」で食事をした。

     

    そしていよいよ本命の店へ。

    店名は書かない。

     

    現役で海女をしてるU嬢が、その日潜ってとって来たナ

    マコのぶつ切りを肴に、焼酎を飲んだ。

     

    M嬢は祖母が海女とか。

    「私はしばらくやってやめたけど、ここのママは一日でや

     めたんよ」

     

    S君は夢中になって色々質問してる。

    完全に海女オタクと化した。

     

    M嬢は真木よう子に似てる。

    もの凄く顔が小さい。

    「わたし、身長174僂茵

     

    訊けば、二年前は完全にモデル体型だったとか。

    「この二年間で26キロ太ったわ」

    「わーっ、二年前に会いたかった!」

    S君は悔しがる。

     

    彼女は僕に体重を訊いた。

    「俺は103キロやけど」

    「うわ、負けたわ」

    と、云うことは、相当な体重だ。

     

    顔が小さく、あごの線はシャープで、首は長くほっそり

    したアイドル顔の女の子が、実は大デブとは。

    首から下は一体どうなっているんだろう?

     

    M嬢も、U嬢も、明るくて大らかな性格。

    ちなみにM嬢は35歳。多分、輪島の男達をメロメロに

    してる。小松の男もノックダウンです。

     

    その店を出て、フィリピン系の「マカティ」「ライズ」と

    巡り「ブーケ」で締めくくった。

     

    S君はかなり酩酊した。

    帰りのタクシーで大きな河を渡った。

    S君が歌った輪島川だ。

     

    昼間、S君は彼が好きな場所へ僕を連れていってくれた。

     

     鴨が浦は、千畳敷きの岩盤が海に広がって見事な景勝地。

     昔、昭和天皇が行幸された。

     

     先端近くに海水プールがある。ここは海に繋がっていて

     イルカが迷い込んだ。このプールを寄贈したのは、かの

     オリンピック選手、山中毅とか。

     

     彼は自由形のメダリスト。輪島だけではなく、石川県の

     ヒーローだ。彼の母親は海女。彼は母に泳ぎを習った。

     

     袖ヶ浜を見下ろすホテル「八汐」の横の道を登る。

     そこは鳳來山公園。港を眺める小さな丘。

     立派な桜の木に満開の花びら。

     良いタイミングだ。

     

    江の島や、伊豆の観光地が、束になってかかっても輪島に

    は勝てない。輪島の特徴は静けさだ。

    海に面した街で、輪島ほど落ち着いた街を他に知らない。

     

    アクセス。

     

    僕は金沢駅西口7番乗り場から「輪島行き高速バス」を

    使った。輪島駅前まで2時間10分ぐらい。

    料金は片道2260円。

     

    金沢を訪れたなら、能登・輪島に遊べばより楽しい。

    ひょっとしたら、輪島は別の場所なのかも知れない。

    僕は思う。

    漂流し、漂着した、様々な人間とその文化を受け入れ、

    育て広め、今に伝える、奇妙な街。

     

     −金沢は入り口ー

     

    輪島への旅は、日本の源流への旅だと思う。

    北陸新幹線に乗って、終着駅金沢で遊んで、それが北陸

    の旅だと思うのは、間違いかも。

     

    ー我らは、七尾、穴水と進み、輪島・珠洲を探訪せねばな

     らない。さもなくば、北陸の源を見逃すことになるー

     

     −美形であり異形な女ー

     

    M嬢の首から下を知ることなく僕は死ねない。

    僕の下半身は久しぶりに脈打ち始めた。

    なんともはや、想像したこともないエロティシズム。

     

    年寄りに交じって、競輪してる場合じゃないぞ。

    まだまだ知らないことが多いんや。

     

    海女の血の源流や何処に。

    僕もS君と共に、海女オタクと化したか?

    夏の輪島やな、なんて、脂ぎってる訳で。

    しあわせな妄想。

    ウヒヒヒ。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 17:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955868