RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 輪島・鴨が浦・異形な岩と、女 | main | ふてぶてしく行こうぜ! >>
軍事行動と詩集
0

    4月18日   晴れ    起床5時

     

    朝食    ほうれん草のお汁

          ゆで卵

          納豆

          ご飯

     

    冬の間、ほったらかしにされた田んぼが、いつの間にか

    掘り起こされ、満々と水が張られている。

    田植えが近い。

     

    僕の「音楽畑」も、ほどよく仕上がった。

    肥料も水もスタンバイしてる。

    後は、テーマと云う種を手に入れ、撒くばかりだ。

     

    なんて楽観してるが。

     

    G・Wの間に何曲できるか。

    今回はアコギではなく、エレキを使って作曲しようと

    思う。テルキャスターで。

     

    J・J・ケール風、マーク・ベノ風、あたりから始めよう。

    今回は、イーグルス風も何曲か作りたい。

     

    作曲をしてると必ずぶち当たるのがレオン・ラッセル。

    彼の音楽はそれほど聴いていないのに、最後はレオンに

    頼る。

     

    妻が持ってたアルバム「タイトロープ」は何度も聴いた。

    他にも「ソング・フォー・ユー」「スーパー・スター」

    「マスカレード」等、彼の作った名曲は多い。

     

    レオンは半端じゃない。

    「ソング・フォー・ユー」無しに、エルトンの「ユア・ソ

    ング」は、決して生まれてない。

     

    故山崎直哉君は、ベンチャーズとレオン・ラッセルの関係

    を、よく語ってくれた。

    ある時期のアメリカン・ポップ・ミュージックは、彼抜き

    には成立しなかったみたいだ。

     

    さて。

    いつかゆっくり味わおうと思って、取っておいた長田弘さ

    んの詩集が見当たらない。いつも手の届くところに置いて

    いたのに。

     

    長田さんは音楽を訪ねて、全米を車で旅された。

    その音楽の知識たるや、米国民以上だったと思う。

     

    「戦後、アメリカに影響されて、日本は変な国になった」

    訳知り顔でそう云う日本人は多い。

    これらはすべて、全くの間違いだ。

     

    日本と米国はどこも似てない。

    そもそも、日本がコロッと米国に似る訳がない。

    具合が悪い事件が起きるとアメリカのせいにするのは、反

    日を云いまくる韓国と同じではないか。

     

    米国に影響を受けた最大の日本人は、満州事変を起こした

    石原莞爾だと思う。

    彼は最初から米国との「最終戦争」を念頭に行動した。

     

    満州国の設立は、東アジアの大地に、米国のような多民族

    国家を創り上げることにあった。そして、米国並みの重工

    業地帯の建設が望まれた。

     

    ー「最終戦争」を戦えるだけの武器と資源の確保ー

     

    やはり、軍人のリアリズムは見事だ。

    金解禁に失敗し、世界の大不況に見舞われ、東北では娘

    を売るしかない貧窮の中、どうすれば日本は生き残れる

    かを、本気で考えた。

     

    石原莞爾は「満州国建国」に賭けた。

    「現世利益」を誰かが考え、答えを出さなければいけなか

    った。政治家よりも軍人の方が現実を切実に感じていた。

     

    このことを忘れ、「戦前の軍はね、出鱈目だった」なんて

    分かったような顔をして、戦後の日本は左に流れた。

     

    話はそれたが。

     

    多民族国家アメリカと、日本は根本から違う。

    だから面白い。

    日本は無意識に、ヨーロッパの影響を強く受けている。

     

    「米国は歴史が浅い。日本の歴史は深く長い」

    そうじゃない。そんなとこはどうでもいい。

     

    長田弘さんは違いよりも、何故自分が、米国の音楽に感動

    するのかを、僕等に伝えようとした。

    それが一番大事なことだ。

     

    このラインからは外れない。

    田舎だ!東京だ! なんて、もう関係ない。

    内側ではなく、外側だ。肝心なのは。

    僕なりにやってみる。

    北国の田植えはもうすぐ始まる。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 12:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955869