RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 軍事行動と詩集 | main | ロッカーを撃つな! >>
ふてぶてしく行こうぜ!
0

    4月20日   晴れ    起床5時半

     

    朝食    ほうれん草入り湯豆腐

          玉子巻き

          トースト

     

    天気は良いが少し寒い。

    手袋をはめ自転車でマッツへ。

     

    天守閣裏の桜は瞬く間に葉桜となった。

    なんとも儚いものだ。

    まあこないだまで、桜の開花を待ちわびたのに、

    もうすっかり彼方だ。

     

    「えびすや」は10連休全部休むかもしれない。

    大将が笑って云った。
    「今んとこ、その可能性が高いですな、アハハハハ」

     

    それは勘弁して欲しいんだけど。

    でも、世の中がこうだから仕方ないか。

    大将と女将にはゆっくり休んで欲しい。

    千春ちゃんも家のことが出来るだろうし。

     

    「月光亭」はだいたい通常通り。

    これは助かる。人間、浴びる程飲みたい日がある。

     

    近頃は、多少有名な曲なら、U-チューブで誰かがコード

    進行を教えてくれる。僕はU-チューブは自力で観れるの

    で、けっこう助かる。

     

    「今頃かよ!」

    そう云わんと。

     

    音楽の知識が皆無なので、自分でコードを取ると、必ず

    どこか間違える。まあ、間違えてもいいんだけどね。

    でも名曲に対する態度としては良くない。失礼だ。

     

    コードと歌詞は良いんだけど、ネットの日本語訳はあぶ

    ない。時々、訳してる本人も理解できないだろう代物が

    ある。

     

    僕は訳詞に力点を置かない。

    故に、ほとんどの曲を誤解している。

    それでいいと思う。結論が正反対でも。

    誤訳で感動するなら上等だ。

     

    僕は米国人でも、英国人でもない。

    英語の出来ないタダの日本人だ。

     

    ゴールデン・ウイークは正に「黄金週間」としたいな。

     

    ー ディッグ・オールド・リズメンブルース ー

    そう、音楽を掘って掘って掘りまくる。

    堆積した歴史と思い出を、徹底的に掘りまくる。

     

    今日4月20日は親父の13回忌。

    僕と妹と母で称名寺の和尚さんを迎え、お経をあげて

    もらう。

     

    柴田徹の命日は同じ年の5月20日。

    彼の妻はすでに、13回忌を無事に終えた。

    「歴史は積もって行く。堆積する」

    柴田の口癖だった。

     

    麻雀で、満貫の上はハネ満。

    「裏ドラのってハネたぞ!」

    なんて使うんだけど。

     

    この満貫はーマンシュウーマンションと変化した。

    この手の呼び名は星の数ほどあるだろうが。

    柴田が良く使った言葉が笑えた。

    慶応ボーイはこうかえた。

     

    「ロン!メンタンピン・三色・ドライチ!

     ハネ・メゾーン!」

     

    マンションをフランス語(?)にかえ「メゾーン」。

    アクセントもフランス人風にし、尚且つ、悪徳の要素を

    加える。

     

    「ハ・ハ・ハ・ハネ・メゾーーーーン!」

    でも良いし、アクセントを頭に持ってきて、上から下に、

    「ハネメゾン」でも良い。

    要は出鱈目フランス語ね。

     

    遊びに関して、柴田には臆するところが微塵もなかった。

    すがすがしいほどにのめり込んだ。

    傍若無人な、ふてぶてしい自信が、僕等を柴田に惹きつけ

    た。

     

    車はかっ飛ばすわ、喰うのは早いは、ウイスキーはがぶ飲

    みするわ、時間はアバウトだわ、オシャレだわ。

    まあ、カッコ良かった。

     

    そんなこんなで黄金週間は近い。

     

      店のドアを開けるとき 何かが起こりそうで

      ついに出会った 女は云った

      ー カモン・ハンサム!朝まで踊ろう −

     

              −灯ともし頃ー

     

    何が起きるか分からんからね。

    まずは、張り切っていきましょう。

    それではまた。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955870