RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< ふてぶてしく行こうぜ! | main | 福井競輪場の寅たち >>
ロッカーを撃つな!
0

    4月21日   曇り   起床5時

     

    朝食     ブロッコリーとキャベツの茹で野菜

           チャーシュー

           玉子巻き

           ほうれん草のお汁

           ご飯

           いちご・ヨーグルト

     

    父の13回忌法要は無事終了。

    7月には伊豆で、義母の25回忌法要がある。

    これを忘れたらえらいことになる。

     

    先週、県議会議員選挙があり、今日は市議会議員選挙の

    投票日。決められた事とは云え、どこか虚しい。

    選挙に出る人達も虚しいんじゃないか。

     

    誰にも尊敬されない職業の第一が地方議員だろう。

    目の前の利権を喰わねば票は入らないし、放って置けば

    ライバル議員がかぶりつく。

     

    地方議員の選挙に浮動票なるものは一票もない。

    恩恵を受けた投票者は仕方なく投票場に行く。

    それだけ。

     

    こんな茶番ひとつ変えられない日本人って、一体何者?

    民主主義は空の彼方。「お上」が一度決めたことは100

    年経とうが変えない。色んな「お上」がいるが、筆頭は米

    国と云うお上。

     

    ー裕也さんの肩を持つー

     

    樹木希林さんには申し訳ないが、巷の年寄りたちが樹木希

    林さんは善で、内田裕也は悪と思ってるらしいので、ひと

    言云わしてもらう。

     

    夫婦のことを分かった様に云うのはやめよう。

    マスメディアの論調に乗り、裕也さんをヒモ呼ばわりする

    のはアホや!

     

    「善人」なんて御仁は、この世に一人もいない。

    これが僕の基本スタイルだけど。

     

    思うに、樹木希林と云う人はスマートな人だ。

    そして、なかなかに都会風だ。女が憧れるのは良く分かる。

    でも、彼女には誰も真似できない才能がひとつ有った。

     

    ー不動産業の天才ー

     

    ここからは僕の想像。

     

    よく考えてもらいたいのは、不動産業の難しさと怖さだ。

    「女優をやりながらマネージメント・オフィスの社長をや

     ってます」

    なら理解できる。女優業と、そのマネージメントはそもそ

    も関連があるし、無理がない。

    でも。

     

    「俳優をやりながら不動産業をやってます」

     

    これは、無理だ。

    不動産は動かす金の桁が他とは違う。

    何千万、何億だろう。失敗は命取りになる。

    トランプ大統領は何度も倒産している。

     

    とても副業でやれる仕事じゃない。

    樹木希林と云う人は相当な変わり者だ。

    多分、本職が不動産で、副業が俳優だったんじゃないか。

     

    では何故彼女は不動産業に手を染めたか?

    答えは簡単。金持ちになりたかったからだ。

    俳優業は誰が見ても不安定だ。

     

    ーここからが肝心ー

     

    思うに、金持ちはケチだ。

    ほとんど例外はない。

    いや、ケチじゃなきゃ金はたまらない。

    女が男を喰わせる、いわゆるヒモを飼う趣味など、樹木希

    林はカケラも持ち合わせてなかったと、僕は断言する。

     

    ところが巷の男どもは、裕也さんがヒモだったと信じ込ん

    でいる。そんなに樹木希林は甘くない。甘くないから裕也

    さんは結婚1年半後に、離婚を申し出たんじゃないの。

     

    ほんの少し、裕也さんと自分が重なってるかな。

    だから余計に力が入る。

     

    「裕也ってアホやろ!樹木希林は賢そうや」

    そう云った人がいた。

    「そうですかね。器用な女優と、裕也さんを一緒に

     してもらっては困りますね。僕は裕也派ですから」

     

    不思議な顔をされた。

    「お前は反逆者か!」と。

     

    タイガー・ウッズは一年前、真っすぐに歩けず警察に麻薬

    使用で捕まった。その男が、マスターズに勝利した。

    このことを取り上げた日本のメディア、あります?

     

    20代からコカインやってるピエール・瀧は、ピンピンし

    て俳優業も歌い手もこなしていた。

     

    事実はそうなのだ。

     

    でも事実は葬られる。

    やってられない。

    未だに徳川時代だ。

    「お上には逆らうな!」だ。

     

    裕也さんはヒモで、ロクでもない奴にされた。

    やってられない!

    そう云うあなたはそんなにご立派ですか?

    悪にまみれてるでしょうが。

     

    それ、認めましょうよ。

    「俺はロクでもない男だ」と。

    そこから始めれば少しは変わる。

    「善」にひれ伏したら駄目ですよ。

    「悪」のない「善」なんて存在しませんから。

    きれいごとは百害あって一利なしです。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 12:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955871