RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< ロッカーを撃つな! | main | 夕暮れのカウボーイ >>
福井競輪場の寅たち
0

    4月25日   小雨   起床5時半

     

    朝食    生野菜のサラダ

         (トマト・春キャベツ・きゅうり)

          玉子巻き

          トースト

          牛乳

     

    ついにパッチを脱ぐ日が来た。

    パッチどころか、半ズボンを履きたかった。

    それ位、昨日は暖かかった。

     

    今日は昨日から見れば寒いが、パッチは履かない。

    雨はポツリポツリ降ってるが、かまうことはない。

    すなわち、自転車でマッツへ。

     

    「えびすや」は、28日土曜日から9日間の休み。

    これはキツイ。千春ちゃんの顔を9日間も見られない

    なんて、ウヒヒヒ。

     

    さてさて。

    先週のフーテンの寅は「浪速の恋の物語」。

    相手役は松坂慶子。

    何度見ても松坂慶子にはうっとりする。

    清純なる芸者がこの世にいるのかね?

    いるんでしょうね。そう願いたい。

     

    僕の叔父は「男はつらいよ」を観ない。

    大嫌いだと云う。

    「毎回毎回、ブ男がキレイな女に惚れて、結局フラれ

     てやろが」

    あまりに現実離れしていて気味が悪いと。

     

    「喜んで観ているモンの気が知れない」

    僕を含め、世の中のブ男にとっては救いの映画だが、

    寅ほどの女好きはそうはいない。

     

    タイで捕まった日本人詐欺集団のほとんどは若者だった。

    若い彼らが詐欺に加担する理由は金に決まってる。

    その金を何に使うのか?

    多分、女だろう。

     

    では、どんな女に使うのか?

    これは言わずもがなだ。

    結婚したい相手ではない。

    遊ぶのにピッタリの女だ。

     

    と、云うことは、女を求める目的自体を失くせば、オレ

    オレ詐欺は少なくなるかもしれない。主犯格の男は、タ

    イの女といちゃついて喜んでた。彼もまた目的は女か。

     

    所謂、ルックスの良い玄人の女は金が掛かる。

    アイドル然り、元アイドル然り、女優然り、元女優

    然り。

     

    オレオレ詐欺で3千万儲けたとしよう。

    別に一億でも良いが。

    その金で、元アイドルと肉体関係に持ち込めたとする。

    目的はついに達せられた。

     

    一度やったなら、二度、三度とやる。

    相手の女の目的は金なのだから、何度でもやれる。

     

    4度目、5度目となる。

    男の目的は女自体であり、女の目的は常に金だ。

    互いの目的は食い違ってる。

     

    1千万ぐらいつぎ込んだ時に、ふと、虚しさが男の胸を通

    り過ぎる。そりゃそうだ、互いの目的は違うのだから。

    通い合うものは何もない。

     

    若い詐欺師は1千5百万あたりで、その女に飽きる。

    どんなにエロティックな女でも、20数回目にはネタが

    尽き、イマジネーションが枯れ果てる。


    詐欺師は女を見ても何も思わなくなる。

    次第に煩わしくなるが、女は金欲しさに誘い続ける。

    男は嫌気がさし、ついには女から逃げる。

     

    オレオレ詐欺をして、怖い思いをし、強力な自己嫌悪に

    陥ったあげくが、これだ。

    自分は「完全なるアホ」だと気付いた時にはもう遅い。

     

    男はダーク・サイドの住人として、ホンマモンのヤクザ

    、度胸千両の安価な盾となり、身代わりとなり、より暗

    い闇の底に堕ちて行く運命にある。

     

    でも。

    女に溺れるのもいい。悪くはない。

    溺れないより余程いい。

     

    「俺はお前が好きや!」

    男と女の間では、ストレートが一番強い。

    女の♡射止めるのはこれしかない。

     

    もしストレートでなくなったら?

     

    福井競輪場の3連単が待っている。

    カマシだの、マクリだの、番手だの、差しだの云って、

    熱くなる世界が優しく待っている。

     

    楽しければいいジャン。

    長い連休に、競輪場行くのも一興。

    ハマるかもしれない。ハマらないかも知れない。

     

    侘しさも、寂しさも、生きる楽しみの内だ。

    そんな気持ちが僕にはある。

    いや、男はみんなそう思っている。

    女はどうか知らない。

    女のことは何も分からない。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 15:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955872