RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 福井競輪場の寅たち | main | 百の政治家より一人の軍人。 >>
夕暮れのカウボーイ
0

    4月27日   小雨   起床5時半

     

    朝食   生野菜・サラダ

         トースト

         オレンジ

         牛乳

     

    再びパッチをはいた。

    おまけに冬用のコートも引っ張り出した。

    山の方は雪が降ってるとか。

    風邪引きそうやなー。

     

    「えびすや」の常連Sさんは、どっかに行きたくてしょ

    うがない。

    「東京の新橋云うとこで酒飲んでみたい。連休やし」

    新橋に面白い飲み屋が出来たらしい。

     

    Sさんは70代前半。まだまだ遊びたい盛り。

    「忠平さん!どっか、ややこしいとこ、教えてや」

    「新橋で飲む前に、川崎の堀之内で汗かいたらどう

     ですか」

     

    Sさんの顔がみるみる輝き出した。

    「あ、あ、あの堀之内?有名な?そりゃエエわ」

    ガンガン酒を飲みだす。

     

    「駅に降りたらすぐに分かるかな?堀之内」

    「歩いてすぐです。僕は堀之内を通り越して、その

     向こうの川崎競馬場に通い詰めてました」

     

    Sさんはギャンブルも大好き。

     

    「想像しただけでタマラン!忠平さん連れてって!」

    「風呂入った後は横浜中華街でしょう。冷えたビール

     をキューッとやって、ねえ、連休やから」

     

    なんか、安物のポン引きになった感じ。

    僕は残念ながら、堀之内の風呂に入ったことはない。

    僕とSさんの話を聞いてたDさんが笑ってひと言。

     

    「けなるーい。俺は毎日が連休や!」

     

    一同大笑い。なるほど、リタイヤすれば毎日が連休だ。

     

    さて。

     

    産経新聞は小松市での配達と販売を取りやめた。

    うーん、これは痛い。

    まあ、唸ってもどうにもならない。

    決まったものはしょうがない。

    あきらめよう。

     

    小松駅で産経を買い、福井までの小一時間を過ごすのは、

    僕の楽しみのひとつだったが。

    それほどに小松市は僻地になったのか。残念だ。

     

    テレキャスターは日に日に軽やかに歌う。

     

    弾き始めは「テイク・イット・イージー」。

    毎日この曲に合わせ腕をストロークし、首を振る。

    気を抜くとたちまちズレる。体をリズムに合わせる。

     

    カントリー風エイト・ビートは今も大好き。

    爽やかな風の中で、これまで出会った女を思い出しなが

    ら、ついには現実の胸の内をさらけだす。

     

    そんな優しく、激しい曲に、昔から憧れた。

    ついに僕もピッタリな歳になったみたいだ。

     

    ー オールド・カウボーイ・ソング −

     

    リタイアしたカウボーイが昔を懐かしむ。

    昨日のことの様に、失くした女を、友を歌う。

     

    ー 俺は何故 お前に いかれたんだろう −

     

    人生において、これ以上大事な質問はあるだろうか。

    10連休は明日から始まる。

    さて、曲は出来るのか!!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 14:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955873