RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 夕暮れのカウボーイ | main | 我ら思うがままに生きたり。 >>
百の政治家より一人の軍人。
0

    4月27日   晴れ   起床5時半

     

    朝食    トマト・サラダ

          玉子巻き

          粕汁

          

     

    今日も風は冷たい。

    でもまあ、慣れた。

     

    今日は金沢・大和で買った4Lのジャケットで

    マッツへ。夜は同窓会。けっこう忙しい。

     

    前に石原莞爾のことを少し書いた。

    彼は米国との最終戦争に備えようと、満州開発を計画し

    、実行した。

     

    今、台湾と中国のにらみ合いは、北朝鮮と米国の問題より

    、遥かに緊迫している。

    もし、ドンパチが始まれば、日本も中国のミサイル攻撃を

    受ける。

     

    この国には軍人がいない。

    軍事評論家はいるが、経験を積んだ軍人はタダの一人も

    いない。故に、軍事情勢はさっぱり分からない。

     

    こんな国が他にあるだろうか。

    自民党の半分と、立憲民主や共産党や社民は、隠れキリシ

    タンならぬ、隠れ親米ポチ公だ。

     

    「軍事は米国に任せとけばええんや」

    そんなね、米国は甘くないって。

    何度ゆうたら分かんの!

     

    日米安保にしがみついてんのは左翼やないか。

    なんで日本の自立を阻む。

    日本が軍事的に自立せんから、極東アジアが不安定になっ

    たんと違うんか。

     

    あんたらの頭の中には「もしもの危機」など、欠片もない

    んやろね。それが国会議員なんやから、話にならん。

    こんな不幸はこれで終わりにしよう。

     

    旧民主党は小沢が嫌で分裂したのに、再び小沢が出て来て

    「一丸となろう」やて。もう、アホらしくて笑えん。

     

    僕は中国や北朝鮮の爆撃で死にたくない。

    辻本清美を恨んで死ぬのは絶対嫌だ。

     

    世界は冷たいよ、アメリカも勿論冷たい。

    それが人間やから。

    期待したら負ける。強くなれない。

     

    もうすぐ年号は変わる。

    でも、日本は何も変わらないだろう。

    半分眠ったまま令和は過ぎてゆく。

    この国は残念ながら、何も変えられない国だ。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955874