RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 百の政治家より一人の軍人。 | main | 再びの青春を、テレキャスよ! >>
我ら思うがままに生きたり。
0

    4月29日   晴れ   起床6時

     

    朝食    生野菜

          玉子巻き

          納豆   

          アジフライ

     

    昨晩は同窓会。

    同級の男たちは昼間ゴルフコンペ。夜は酒を飲む。

    僕はゴルフをやらないので、飲み会だけの参加。

    総勢25名。

     

    出世頭のM君はわざわざ横浜から参加。

    彼は国土交通省の事務次官まで登り、今は高速道路関係

    の公団の総裁をしている。

     

    地ビールの会社を経営し、次は米国進出を狙っているI君

    は「総裁!まあ一杯」と、M君にビールをすすめ、僕には

    「さあさ、エンターティナーも」と軽妙にお酌する。

    なかなか苦労してる。

     

    M君によれば菅官房長官は一滴も酒を口にしないとか。

    「M君、現役時代はよう飲んだやろ」

    「そりゃそうさ、宴会は毎晩三つはある。いかに早く逃げ

     出すかが大事さ。でも、毎回だと色々詮索されるんや」

     

    彼は今も元気溌剌。日本の国土及びインフラを守っている。

     

    好々爺然としたY君は、うれしそうに孫の話をした。

    「娘は二人ともそばに住んどる。そんで5人の孫は毎日

     来る。ばあさんひとりじゃ相手できんから、わしも孫

     と遊ぶようになったんや、楽しいよ」

     

    幸せそうなY君に、憲法改正や台湾有事、韓国問題を語る

    のは酷というもの。

    「うーん、忠平もわしも長生きせんとな、体は大事やぞ」

    あっさりかわされたと云うか、Y君の云う通り。

     

    気になったポイントがひとつ。

    もし僕が妻を「ばあさん」と呼んだらどうなるか?

    少し早い気がするが、ずっと引っ掛かった。

     

    ほとんどの同級生は今も現役で働いている。

    在学時、我が高校の校風は、

     

    ー 勝手にせい!ワシャ知らん! −

     

    僕等は自由にノビノビと育った。

    これが良かった。かまわれるのは一番嫌だ。

     

    卒業した春。

    僕は金沢美大に合格し、うれしくて担任の墨田先生のいる

    生物教室に走った。

     

    「セン!わし、美大に合格したわ!」

     

    先生と云わず「セン」ね。

     

    僕を見上げた先生の吐いたひと言。

     

    「嘘や?」

     

    「それはないやろ」と思ったが。

     

    「佐々木そうか合格したか、ワシはお前は駄目やと思う

     とった。そうか合格したか、おめでとう、良かったな」

     

    本当にいい先生だった。

     

    僕は何人かの同級生に問いかけた。

     

    ー 俺らはどうも記憶に残らない世代だ。このまま終

      われば、俺らは、ロストジェネレーションや −

     

    ひとりは反発した。

    「お前の話は難しすぎる」

    ひとりは同調した。

    「俺らは親の財産守っただけかもしれん」

    ひとりはどちらでもなかった。

    「俺は一生懸命生きてきただけや」

     

    我が校風は今も生きていた。

    みな、思うことを云う。

     

    二次会に、Y君は若い美人を連れ、遅れて現れた。

    そして、二次会の金を全部もつと宣言した。

    偉い!あなたは偉い!

     

    Y君は鉄工所の社長。

    小松だけで、キープしたボトルが11本あると云う。

    彼はゴルフコンペで初めて優勝した。

     

    若い美人は、いわゆる、今日のトロフィーだ。

    彼は報われた。

    彼はその晴れの日を祝いたかった。

     

    苦労してここまで来た自分を。

    同級生の前で祝いたかったに違いない。

    その気持ち、良く分かる。

    おめでとう!

    良く頑張った。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 10:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955875