RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 我ら思うがままに生きたり。 | main | いい天気でハイですわ >>
再びの青春を、テレキャスよ!
0

    5月2日   晴れ   起床5時半

     

    朝食    生野菜

         (トマト・キュウリ・春キャベツ)

          小松菜のお吸い物

          玉子巻き

          豚肉・玉ねぎ炒め

          牛乳

     

    4月28日から再び糖質ダイエットを始めた。

    ダイエットをやめた間、親の仇の様にご飯をむさぼり喰っ

    た。そのせいで、腹の中のドッジボールはパンパンに膨ら

    み、いくらなんでもこれは危険と云う水域を超えた。

     

    腹が大きすぎて苦しい。

    ダイエットは今日で五日目。

    パンパンのドッジボールは、やや空気の抜けたドッジボー

    ルになった。

     

    今回は、一日一度はご飯を喰っても構わないルールにし、

    その代わり間食はご法度。この二つを守れれば、かなり

    痩せるんじゃないか。

     

    昨日は令和初日。

    僕は不謹慎にも福井競輪場で車券を買って過ごした。

    バチが当たって負けたけど。

    楽しかったでーす。

     

    家に帰って晩御飯。

    ゴロンと横になってたら携帯が鳴った。

    「ヤバイ!」

    ウォーキングのオネエサンが近くまで来てる。

    忘れてた。

     

    猛スピードで着替え外に飛び出る。

    オネエサンと一緒に小一時間歩く。

     

    汗で全身ずぶ濡れ。

    そして、ジワジワ体が冷えて来た。

    フラフラになり帰宅。

     

    必死で風呂場まで歩き、シャワーを浴びる。

    しばしお湯を浴びていると体が温かくなった。

     

    午後10時。

    母は寝室へ。

    僕は二階の机の前に座り、アンプのスイッチを入れる。

     

    テレキャスターは、錆びたような、くすんだような、絶妙

    の音を夜に響かせる。

     

    ジワーっと愛着が湧いて来る。

    厳密に云うとこのギターは、1弦と2弦のチューニングが合

    わない。

     

    でもこれ、テレキャスターの特性。

    ロウ・コードは少し狂う。ストラトキャスターはバッチリ

    合うが。

     

    ストラトは、何と云うか、テンションが低い。

    良い音はするが、ベターとしている。

    B・B・キングのギブソン・335や、レス・ポールには

    敵わない。ギブソン系はとにかく音が荒々しい。

     

    フエンダー系はきれいで繊細な音が特徴。

    なのにテレキャスタは、ギブソン系と競っても負けない強

    さを持っている。テンションは高く、ツボにはまればもの

    凄い音を出す。

     

    長々と書いたが。

    要は、テレキャスターみたいな男になりたい訳で。

    普段は地味だが、狂うと凄い男ね。

     

    体が作曲する状態にない。

    リズムがまだ正確ではないし、体に入り切ってない。

    これを克服するには、毎日コツコツ、励むしかない。

     

    夏のフェスに出ませんか?

    なんて、ありがたいオファも来ている。

    ここで頑張るしかない訳で。

    それではまた。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955876