RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< いい天気でハイですわ | main | ポカポカと五月の小松 >>
罰当たりな男なんです。
0

    5月6日   晴れ   起床7時

     

    朝食    小松菜とナメコと豆腐の

          味噌汁

          玉子巻き

          焼きナス

          ウインナー炒め

          納豆

          ご飯少々

     

    いよいよ今日から僕の黄金週間が始まる。

    まあ、毎日が黄金週間みたいなものだけど。

    せっかくだから、楽しく有意義に過ごしたい。

     

    年号が変わったことに興味はない。

    「令和」の文字を眺めると、飢きんや災害がどう

    しても思い浮かぶ。

     

    パッとしない江戸時代に戻ったような印象を受ける。

    「災害ばかりの平成の方が、良かったねー」

    こう成らないよう願うけど。

     

    僕が冷めてる理由はもうひとつ有る。

    それは女系か男系かではなく、皇族が離婚出来ない事。

    民間から嫁いだ、美智子妃と雅子妃は、相当に苦労され

    たことと思う。

     

    しかし、僕は詳しくは知らないが、美智子妃も雅子妃も

    離婚する権利を有されていないのではないか。

    もしそうなら、これは拷問に等しい。

     

    人間として全く認めていない。

    離婚は「起こりえないこと」ではない。

    今や日本人はガンガン離婚している。

    「どうしても無理」は、あり得る。

     

    僕はそのことを政治活動されてる方に質問した。

    その答えは。

    「それはどうでもいいんじゃない」

    彼は全く興味がない態度だった。

     

    この国は、一応、民主主義の国だから、僕は問いたい。

     

    皇室の人達は国民の犠牲者ではないか。

    財産はない。健康保険はない。苗字はない。離婚できない。

    これじゃ「象徴」もヘッタクレもない。

     

    ひど過ぎる。

    何故、人間扱いしないのか。

       

       有難味がなくなるから?

       タブーだから?

       昔からそうだから?

     

    皇室だけではなく、有名な神社に生まれた人達は、死ぬま

    で格式に則った暮らしを強制される。

    神道とは、一体、何なんだ!

     

    保守だからとか、左だからとか、関係ない。

    人間を神へのイケニエにしてはいけない。

    美智子妃、雅子妃の受けた衝撃を考えると、身の毛がよ

    だつ。

     

    天皇は現人神ではなく、神と、我々人間との間を取り持つ

    役割の人だと、僕は認識している。

    いうなれば、神主の親方。

    もしそれ以上だとするなら、話は違ってくる。

     

    僕も一度書いたが、靖国への参拝を何故しないのかが、大

    問題として現天皇に降りかかる。

    天皇は京都御所にお帰りになった方がいい。

     

    旧江戸城なんて、訳の分からないところに住まわれるから

    政治利用される。ひっそりと京都がいい。その方が有難味

    が増す。

     

    話はこれくらいにして。

    「しらさぎ号」の時間になった。

    それではまた。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955878