RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 罰当たりな男なんです。 | main | 柴田!朝飯喰うぞ! >>
ポカポカと五月の小松
0

    5月10日   快晴   起床5時

     

    朝食    玉子巻き

          ギョウザ

          生野菜(トマト・春キャベツ)

     

    昨日、伊豆から帰る。

    相も変わらず電車に6時間半揺られた。

    僻地(伊豆稲取)から僻地(小松)への移動だから

    しょうがない。

     

    今日はとても温かくて気持ちがいい。

    ー神の恵みぞ ありがたきー

    自転車で家を出て京町の銀行に。

     

    時刻は9時半。

    すでに子供獅子が獅子をまわしてる。

    まあその下手なこと。

    何処の町内か知らんが、もう少し教えんと駄目やな。

     

    銀行からマッツへ。

    至るところ通行止め。

    お諏訪さんの通りは、ずらっとヤシの車が並んでる。

    6日に連休が終わったばかりなのに、お旅まつりが始

    まった。

     

    小松から伊豆への電車で、僕は読みかけのミステリを開

    いた。

       マイクル・コナリー「罪責の神々・上」

     

    マイクル・コナリーは1956年生まれ。

    彼はフロリダやフィラデルフィアで新聞記者をしていた。

    彼の手掛けた記事が好評で、ロサンジェルス・タイムスに

    引き抜かれる。

     

    「当代最高のハードボイルド」といわれるボッシュ・シリ

    ーズで人気を得る。「罪責の神々」の主人公はリンカーン

    弁護士。舞台はロスアンジェルス。

     

    裁判の進め方や作戦、立ちはだかる検察側の難敵達。

    それらが細々と書かれ、かなり地味なんだけど、その地味

    さが逆にリアルさを増す。

     

    北陸線「しらさぎ号」、東海道新幹線「こだま号」、熱海

    から伊豆急と読み進み、伊東あたりで「上」を読み切った。

    「下」は自宅に置いてきたので、残念ながら続きは後日と

    なった。

     

    ボストンを舞台にするデニス・ルヘイン。ロスが舞台の

    マイクル・コナリー。このふたりが僕のお気に入り。

    当然、全作品を読むつもりだ。

     

    人間の趣味嗜好はよく分からない。

    僕は数年前まではミステリにも競輪にも、全く興味がなか

    った。

     

    新しいことが好きなのかな?

    今も、福井の街を歩くだけで興奮する。

    輪島も同じ。知らない街はやたらに面白い。

     

    この歳になってようやく、自分の性分と云うかスタイルが

    何となくわかって来た。

     

    僕は車の匂いが大嫌いだった。

    排気ガスや、車内の匂い消しの匂いが嫌だった。

    そのせいで、車の運転免許を取るなんて、一度も考えたこと

    はない。

     

    車はハイ・エース(めんたんぴん号)と、柴田が乗ってたベレ

    ットGTと、飛田のワーゲンしか知らない。

     

    パソコンやスマート・フォンは面倒くさそうでパス。

    新幹線車内でパソコン打ってる若者は不憫だ。

    新幹線の楽しみは、一に弁当、ニに車外の景色、三にアイ

    スクリームと決まってる。

     

    車内でアイデアが浮かべば手帳にメモすればいい。

    僕は常に大中小三冊のノートを携帯している。

     

    もし自分のスタイルを見つけられたら、生まれて来て大正

    解だと思う。自分のスタイルはトコトン追求したい。

    何か、こう云うとこが米国人に似てるのかも。

     

    「日本のロック」は一番好き。

    これは疑う余地がない。

    好きすぎてヤバイ。

    すべては日本のロックのため。

    一気通貫、文句無し!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 12:05 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
    私はホント小説は読んでないのが多いのですが、この「リンカーン弁護士」もやっぱり映画で見ました。マシューマコノヒー主演でおもしろかったです〜。
    あの大統領リンカーンがらみかと思えば実は・・・ってのが愉快でしたね。

    スマホにもメモやらノートやらのアプリがあるのですが、やっぱり書き留めるのは紙とえんぴつです〜
    | arison | 2019/05/10 7:33 PM |










    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955879