RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< ポカポカと五月の小松 | main | 歯磨きブログです。 >>
柴田!朝飯喰うぞ!
0

    5月11日   晴れ   起床5時

     

    朝食    生野菜(トマト・きゅうり)

          焼き豚

          牛乳

     

    午後4時半。

    自宅から歩いて「お旅まつり」へ。

    メイン通りは高校生で埋まってる。

     

    近辺の高校生が全員集まったか。

    この群れをよけながらマッツへ。

    今日のマッツはクラブ・イベント。

     

    歩きながら「ロスト・ジェネレーション」を考える。

    最近、この言葉で目を覚まし、この言葉で寝ている。

     

    ヘミングウェイは「移動祝祭日」の中で、高名な批評家に

    「あなたの小説は汚くて野蛮」そう云われたと記した。

     

     ーヘミングウェイはロスト・ジェネレーションと呼ば

      れたー

     

    正に「世代の無い世代」なんだけど。

    僕は「ロスト」に引っ掛かる。

    ー「何もない世代」ではなく「何かを失った世代」ー

    そう捉えると話が面白い。

     

     −老人と海ー

     

    苦労して釣り上げた巨大カジキをサメに食い荒らされる。

    またとない獲物をロスト。

     

     −武器よさらばー

     

    惚れた看護婦とスイスに逃げ、彼女が安心して子を産める

    よう万全を尽くしたが、出産時に、子も女も死んでしまう。

    子供と妻をロスト。

     

    ついには。

    長男が気に喰わないと自殺。

    自分自身をロスト。

     

    ロストの王様ではないか。

    健康な肉体とエネルギーに溢れた男は、失うことに魅力を

    感じていたのか。そうだとすれば、15歳や16歳でイタ

    リア軍に入隊したのも納得出来る。

     

    思うに。

    人生が上手く行った人はこの世にいるんだろうか?

    ひとりもいないんじゃないか。

    寺山修司も似たようなこと云ってる。

    「人生や競馬に勝ち負けはない」

     

    経済人は大いに生産し、巨大な富を得、政治家はそれ

    を資本に、世界一強い社会を作る。

    芸術家はそれらが失なわれてゆく物語を語る。

    それがアメリカだ。

     

    グダグダと、何をするにも時間がかかり、あげくは

    審議すらしない日本とは全く違う。

     

    日本人はヨーロッパ志向が強い。

    アメリカ人とは似ても似つかない。

    ところが「アメリカナイズされた」なんて言葉が独り歩

    きする。不思議な国だ。

     

    曲を作ろうとすると。

    普段は通り過ぎることに立ち止まる。

    思い浮かぶことに答えを与える。

    頭を集中させ、一番気になることを考え続ける。

     

     −浅川マキ「アメリカの夜」ー

     

    なんとも上手いタイトルだ。

    大きいし広い。そして何やらニューヨーク的で妖しい。

    また、南部の夜も想起させる。

     

    漠然としているようでそうではない。

    そこにあるのは正に今日の夜だ。

    とても重要な夜。

     

    昔。

    僕はアメリカに日本を見た。

    日本人の僕が想うアメリカは、日本だった。

     

    昔。

    柴田徹と遊んだサンフランシスコは、小松だった。

    だから、僕と柴田は夢中になった。

    グレートフル・デッドは隣町のバンドだった。

    今もそう思っている。

     

    良い曲を作りたい。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 21:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955880